6月16日は『和菓子の日』でした

写真は、ぶどうではありません(笑)わらびもちです。
昨晩、どうしても食べたくなって、買いに走りました。

実は、昨日のみきらぢサンナナのメッセージテーマを「あなたの好きな和菓子」ということで皆さんからメッセージをいただいたんですが、三木市内の和菓子屋さんはじめ、加古川、神戸、京都の美味しそうな和菓子情報をお寄せいただきました。

僕の口は、完全に和菓子。

その中には「わらびもち」もあり、いやー、ご紹介いただいたのは、スーパーのではなく、和菓子屋さんの「本わらびもち」やったんですけどね、でも、その時間、和菓子屋さんは開いてないので、どうしてもと思って、スーパーで「わらびもち」を買い求めたというわけです。

ところで、昨日、メッセージテーマを「あなたの好きな和菓子」にしたのは、昨日(6月16日)が『和菓子の日』だったため、その日にちなんで、設定しました。

和菓子の日の由来は、
西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例にちなみます。

6/16、実は、姉の誕生日なんですが、「和菓子の日」と初めて知りました。

新型コロナウイルス退散を願って、遅まきながら、わらびもち、食べさせていただきましたとさ。


This is MIKIの和菓子屋さんの協力店
御菓子司一心堂
和菓子司ようきや

一度、お店をのぞいてみてください。

関連記事: さるとる情報局

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景