感動を呼ぶ仕掛け満載の吉川町民ふれあい納涼大会

8/16、毎年、送り盆に合わせて、吉川総合公園で、吉川町の夏祭り「吉川町民ふれあい納涼大会」が行われる。
2009年、三木市の補助金の見直しに伴う花火大会中止があり、夏祭りの存続の危機があったが、「よかわのまつりを残し隊」が結成され、住民主体の夏祭りとして、比類ない感動を与え、住民だけでなく、帰省目的でない市外の方々も訪れる夏祭りになっている。
来場者に感動を与えるもののひととして牛乳パックの灯籠がある。
花火中止に伴い、花火の代わりの試みとしてはじまった。
会場を彩る牛乳パック灯籠の数は1万個。この灯籠は、住民の手により作られ、集められ、会場に並べられる。牛乳パック灯籠は、住民の参画による夏祭りを象徴している。

この牛乳パックの灯籠によって、旧吉川町時代の町章をメインにデザインされているのだが、羽を広げた様子は、飛躍する吉川町をイメージしているようだ。
そんな会場を背景に、吉川町の色を出したステージプログラムが展開される。
ステージの進行は、吉川町出身でアカペラグループ宝船のリーダー上北夏味さんが務める。
今年は、地元のシンガーソングライターで、三木市若手応援団の推薦アーティスト森口英彦さんによるミニライブもあった。

ステージのトリは吉川錦太鼓が務め、ステージから灯籠によってデザインされた会場へと移り、意識が高揚されるや、ライトダウンされ、飛翔のエンブレムが浮かび上がる。

灯籠による妖艶な雰囲気を楽しんでいると、灯籠の会場とは反対側から花火が打ちあがる。
来場者は、これらの粋な演出にすっかり心を奪われ、感動を覚える。
今年を逃した方は、来年、是非、チェックしてみてほしい。

関連記事: 吉川町民ふれあい納涼大会, 吉川総合公園, 吉川錦太鼓

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景