【さるとるの三木てくてくマップ】ひでいちご

「山田錦の館」や「道の駅みき」の売り場で「いちご」が並んでるのを目にするようになりました。今が「旬」の三木市の「いちご」。皆さんに知っていただきたいといちご農家さんをてくてくしてきました。
今回訪れたのは、吉川町長谷にある「ひでいちご」。
代表・山城英孝さんは、三木市いちご研究会の会長さんでいらっしゃいます。

県道加古川三田線を吉川町方面へと車を走らせると長谷バス停の奥に販売用のプレハブがあるのをご存じでしょうか。

ここで山城英孝さんの作るいちごが売られています。

それに隣接するハウスでいちごを栽培しています。
山城さんが作られているのは、紅ほっぺとよつぼし。
放送で、僕が食べている様子を聴いていただけると思いますが、「よつぼし」をいただきました。


「一度食べたら忘れられない味らしくリピーターが多いんですよ。」

と教えてもらったのですが、ほんとにそう。めちゃくちゃ甘い!!
 

 
山城さんのいちごは、現在、山田錦の館でお買い求めいただくことが出来ます。
2月からは、長谷バス停のハウスでも販売されるということですヨ。

そうそう、いちごといえば、2/5(日)道の駅みきにてThis is MIKI 39 トライフェスを開催します。

通常は音楽のイベントなんですが、今回は、休憩時間に豪華いちごの賞品をかけてクイズ大会を行います。
クイズは、取材をした三木高校放送部が考えてくれることになっているのですが、今日、できたものを見せていただきましたが、面白いです!!

答えは、取材をしたYouTubeをよくご覧いただいているとお答えいただけるようになっています。

2/5(日)11時~13時、道の駅みき催事場
入場無料です。
是非、お越しください。

関連記事 読み込み中...

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。