ウエイトリフティングとは

三木市出身の山本俊樹選手が東京2020オリンピックに出場します。
出場するのはウエイトリフティング96Kg級。

三木市では、三木市役所に懸垂幕が掲げられ、各所で幟(のぼり)がはためいています。エフエムみっきぃでも特別番組を制作して放送し盛り上げに一役買いますよ!

さてさて、ウエイトリフティング

皆さんは、ウエイトリフティングときいて、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。

バーベルを持ち上げる怪力自慢の競技・・・

いやいや~、もっと奥深く、めちゃくちゃ面白いです!!

NHKのサイト「東京2020オリンピック」に競技解説があるので是非、ご一読ください。

これを読めば、あなたもちょっとしたツウ!!

で、ここでは、サイトのエッセンスをあげてみました。

○競技は「スナッチ」「クリーン&ジャーク」の順で行われ、試技はそれぞれ3回。
・「スナッチ」・・・バーベルを頭上まで一気に引き上げる
・「クリーン&ジャーク」・・・肩の高さまで持ち上げてからバーベルを「グイッ」と上げる

○選手は名前を呼ばれてから1分以内にバーベルを床から離さなくてはならない。

○選手は試技の前に挑戦する重量を申告し、申告重量の軽い順に試技が行われる。
試技の30秒前までなら重量変更が可能で、時間ギリギリに相手よりも重い重量に変更し、ライバルにプレッシャーをかける。

○しかし、反対に重い重量で申告しても、スナッチで3回試技を失敗すると、クリーン&ジャークに進むことができない。

○申告重量はリアルタイムで表示される

皆さん、試合ではそんな駆け引きの様子も楽しみましょう!

山本選手の出場は、7月31日(土)。

三木のオリンピアン山本選手を応援しましょうね!!

関連記事: ウエイトリフティング, 山本俊樹, 東京2020オリンピック

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景