松の内とは?


松の内とは、家の門に門松を飾ることから飾られている間ということでそう呼んでいるそうです。
江戸時代の初めは、松の内というのは、全国的に1月15日とされ、鏡開きは1月20日と決まっていたんですって。
しかし、1651年4月20日(旧暦)に三代将軍徳川家光が亡くなったことで、20日が忌日(きにち)となるため鏡開きが1月11日に代わり、それに伴って関東を中心に松の内も1月7日までに変更されたそうな。
それが当時の京や大坂まで広まらなかったので、関西では以前と同じように松の内は1月15日まで、鏡開きは1月20日のままで残ったようです。

関連記事: 雑学

  • 鮮度保持袋とな 雑学 (21'1/6)

    朝のニュース情報番組あさチャン!で取り上げられていてこれええな~と思ったのが『鮮度保持袋』。 「鮮度を保持する袋」で『鮮度保持袋』 まんまやな~と思いつつも、その性能がすごい!! 一般的なポリ袋では1週間で変色したレタスも、『鮮度保持袋』に入れると変色もなく新鮮なまま。 バナナもそのまま放置すると1週間後に真っ黒になっ....
    もっと見る

  • 丑寅(うしとら)と鬼 雑学 (21'2/3)

    備忘録。 昨日は2日の『節分』が124年ぶりということで、みきらぢサンナナでも『節分』をメインテーマとしてお話を進めさせていただきました。 話を進めていくなかで、出てきたのが、『鬼』のイメージ。 鬼といえば、角や牙があって、黄と黒の縞模様のパンツをはいています。 実はこれには意味があったんですね~。 角は牛、牙は虎、ま....
    もっと見る

  • 1月5日 小寒 雑学 (21'1/5)

    1月5日は二十四節気の「小寒(しょうかん)」だそうです。 寒さが最も厳しくなる頃、寒さが加わる頃という意味で、いわゆる「寒の入り」のことをいいます。 小寒から立春前日の節分までを「寒の内(寒中)」といい、1年で最も寒さが厳しい時期になります。 寒中水泳や寒稽古はこの寒中に行われるもので、新年の挨拶状もこの期間に出すなら....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景