【ぶどう日記】雨にも負けず

梅雨に入って、雨のとき、ぶどう作業はお休みかというとそうでなく、余ほど、吹き降りでもない限りやります。

というと、過酷のイメージを与えてしまいそうですが、実は、春、ぶどうの棚に張ったナイロンの屋根のおかげで、雨にぬれることはほとんどありません。特にぶどうを触るときは。

14日は朝から雨。
この日の作業は、ぶどうの粒間引き。
一房一房、ぶどうの実(粒)がいっぱいなって、大きくなってきて、自然と笑みがこぼれます。
ただ、あとあとのぶどうの房の成長を考えると、決して、喜んでもいられない。
このまま放っておくと、ぶどうの実(粒)、一つ一つが大きくなって、押し合うことになりはちきれてしまいます。
この時期、それを見越して、間引いてあげないとけないんです。

写真は、あほな顔してますが、真剣に取り組んでいる様子です。
しばらく、粒間引きが続きそうです。

これまでの写真はアルバムでどうぞ。

今日は、イオン三木店で、【招福団扇鱗金魚】の2匹目を飾ります。
団扇は、志染保育所が協力してくれました。
また、書家の井関春龍さんによる一文字看板も登場。
井関さんのツイッターでちらみさせていただきました。
期待が膨らみます!!

関連記事: ぶどう日記

  • 【ぶどう日記】啓蟄(けいちつ) ぶどう日記 (21'3/6)

    啓蟄 「けいちつ」と読みます。 啓蟄とは、二十四節気のひとつで、寒さが緩んで春の陽気になってきたことで、土の中から虫たちが動き出す季節のことを指します。「啓」はひらく、「蟄」は土の中で冬ごもりをしている虫、のこと。 木の皮に眠っている虫たちも動き出します。 虫たちだけでなく、「ぶどう」もまた動き出すようです。 冬、木の....
    もっと見る

  • 【ぶどう日記】たんぽぽ除去 ぶどう日記 (21'3/23)

    春になると、草が生え春の花の代表格である『たんぽぽ』も咲きます。 もちろん、ぶどう園の中も同様です。 ところで、『たんぽぽ』は、ぶどうにとってよろしくないようなんです。 『たんぽぽ』のみならず花を咲かせる草花はよくないようです。 理由は、虫が寄ってくるから。 ということで、この日は、『たんぽぽ』除去を行いました。 そん....
    もっと見る

  • 【ぶどう日記】藁敷き ぶどう日記 (21'5/2)

    今日は、風がきつかったですね~。 今日のぶどう作業は、今年植えた苗木ちゃんたちに藁を敷いてあげることです。 苗木ちゃんたち大きく、ほんと、大きくなったな~。 って、ほんとにうれしくなります。 親方があらかじめ藁を大きなナイロン袋に入れてくれていて、それを各苗木の根元に運びんで、袋から出して敷いていきます。 藁を敷く理由....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景