絵本 バッタくんのおくりもの

2017年「ムジカドルチェ」の10周年を記念して制作した創作絵本
『 バッタくんのおくりもの 』 B5版 (第2版)

イタリア語で「優しい音楽」を意味する「ムジカドルチェ」は、ピアノとチェロのデュオグループです。この絵本は、2017年、「ムジカドルチェ」の10周年を記念して集まった応援団により作られました。
物語には、ムジカドルチェの「音楽を聴きに外に出ることができない方のもとにこそ音楽を届ける」という「活動の思い」が込められています。

応援団は、現在、絵本の名前にちなんで「バッタくんプロジェクト」として、三木市を中心に、どなたでも参加いただける絵本と音楽のコンサートを開催しています。

子どもの優しさを育むため、お母さんお父さんが子どもに、おじいちゃんおばあちゃんが孫に、地域の読み聞かせボランティアの方が地域の子どもに読んであげるなど、世代や地域の繋がりつくりにお役立てください。

まとめてお買い求めいただく場合は、ネットショップをご利用ください。

単品でも対応できますが、別途、送料・事務費が必要なため、イベント会場でお買い求めいただくことをお勧めします。

イベントは、This is MIKIが主催するイベントや出店しているイベントに限らせていただきます。
イベントのチェックはこちら。

>>こんなお話です・・・

バッタになってしまった主人公のゆうまくんが自分の楽器と出会い、音楽会を楽しみにしているイネコチャンに聴かせたくて仕方がありません。ところが、音楽会を楽しみにしていたイネコちゃんは、黒い病になってしまい、音楽会に来れなくなってしまいました。バッタくんたちは、イネコちゃんのもとへ音楽を届けに行きます。
黒い病のせいで演奏を聴くことが出来ないというイネコちゃんに、バッタくんたちは「大丈夫」「僕たちが一生懸命に演奏するから」と思いを込めて演奏すると、・・・虫たちの思いを受けたイネコちゃん。体についた黒色のすすがとれて、金色に輝き出して、それは自分だけでなく、他の稲たちにも伝わって、あたり一面キラキラの野原が広がっていきます。
読み終えた後には、なんともいえない、ほっこりと心温まる感覚を感じていただくそんな物語となっています。

関連記事: 絵本制作PJ

  • バッタくんプロジェクト、徳島へ! 絵本制作PJ (19'7/23)

    ピアノとチェロのデュオグループム、優しい音楽を意味するジカドルチェのお二人が2017年10周年を迎えるにあたり、その活動精神である「音楽を聴きに外に出ることができない方のもとにこそ音楽を届ける」ということを形にしようと絵本制作PJを結成、創作絵本「バッタくんのおくりもの」が誕生しました。 以来、「バッタくんプロジェクト....
    もっと見る

  • 「ラジネットひょうご」で「バッタくんプロジェクト」 絵本制作PJ (19'7/30)

    2017年、ムジカドルチェ10周年を記念して制作しようと手がけることとなった創作絵本「バッタくんのおくりもの」が多くの諸団体の皆さまから共感をいただき完成し、ムジカドルチェのコンサートに絵本の朗読を加えたバッタくんコンサートを、市内外を問わず、認定こども園、幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校、図書館、イオンなど、色々....
    もっと見る

  • バッタくんコンサート@緑が丘東幼稚園 絵本制作PJ (19'6/18)

    6/17、緑が丘東幼稚園によんでいただいて、子どもたちにバッタくんコンサートを楽しんでいただきました。 今回の歌は、新田俊子さん、幼稚園の子どもたちに楽しんでもらいたく、この日は、歌のほかに英語でじゃんけん遊びが加わりました。 バッタくんコンサートは、ムジカドルチェの音楽コンサートに創作絵本「バッタくんのおくりもの」の....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景