さるとるのワンダフルハウスvol.4[ゲスト:濵田美里]

あめにてぃ倶楽部・三木(パナソニックホームズ三木展示場)を舞台に、地元
コミュニティラジオ・エフエムみっきぃでもパーソナリティーを務める[さるとる]ことThis is MIKI理事長の森田優が、様々な分野のお客様をお招きしてインタビューをし、その様子を紹介していくという企画です。

今回のゲストは、明石市在住で10/28のMIKIフェスに出演いただくアーティスト、ピアニストでありシンガーソングライターでもある濵田美里さんです。

濵田美里さんは、相愛大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻に奨学生として入学し、大学4年間を奨学生として過ごし卒業されました。

さるとる ピアニストということですが、音楽一家の中で育ったとか音楽に触れる環境があったんですか。

濵田美里 いいえ全く違います。

さるとる え?!では、ピアノを始めたきっかけを教えてください。

美里 4歳のとき、セーラームーンの歌を耳コピして弾いたらしいんですが、それを聴いた母がピアノを習いにいこうとピアノ教室に連れて行ってくれたのがきっかけです。

さるとる お母さんが、才能に気づいたんやね。ピアノ教室では、どうやったの。賞とかばしばし取っていく感じ?

美里 小学2年生で初めて賞をいただきました。学生ピアノコンクールというのがあって、1年生から出られるんですが、そのとき、なんの賞ももらえなかったんです。で、号泣しました。

さるとる 悔しかったんや。

美里 2年生で、銅賞をいただいて、以後、3年生で銀賞、4、5、6年生で金賞をいただきました。

さるとる ほー、中学生は?部活とか入らず、ピアノに打ち込んだん?

美里 部活は吹奏楽部に入りました。パートはクラリネットでした。学校では、ピアノは、やらなかったんですが、ヤマハ音楽スクールで特別講師の指導をいただいたんです。
その先生の勧めで、その先生の師匠が音楽科のある西宮高校におられるということで、西宮高校を受験して、私もその先生に師事しました。

さるとる ほんで大学や。とあるサイトであがっているプロフィールを拝見させていただきましたが、相愛大学の音楽学部でピアノでは初の奨学生として入学したんやてね。
でも、3年生のときに奨学生であるにもかかわらず、親が呼び出されるということもあった。はちゃめちゃやな~と記事を読んで面白がってたんやけど、そのあたりをお聞かせいただきましょうか。

美里 ちょうど3回生の頃なんですが、チキンジョージ近くにバーがあって、オープンマイクイベントがあったんです。それに応募したのがきっかけで、そことかブルースバーといった、バー等で弾くようになって、クラッシック音楽を弾く学校では教わらないコードを教わって、ブルース、ジャズといった音楽に触れていくんですね。

さるとる クラッシックのピアニストでありながらのシンガーソングライターという今の原型がこうして生まれていくわけやね。

美里 はい。でも、大学ではクラッシックに戻ります。というのは、バーで月に8回くらい弾かせてもらったんですが、だんだんと成績が落ちてくるようになったんです。
大学の先生も奨学生が他の学生より下回る成績では示しがつかないとうことで親が呼び出されるという事態を招いたんです。

さるとる 奨学生で入学したら4年間奨学生なわけか。

美里 いえ、奨学生は年更新なので、毎年、受験するんですよ。

さるとる え、ほんなら、ずっとその更新テストに受かり続けてきたってこっちゃね。すごいやん。で、奨学生やのに、成績落とすとは何事やと大学からしたらご立腹やわな(笑)

美里 はい。ということで、大学在学中は、クラッシック一本に打ち込みなさいといわれました。

さるとる 本格的に弾き語りを始めるようになったのは卒業後ということやね。グループでもやってきたの?

美里 はい。最初は、ギター、ドラム、ピアノ・ボーカルで、メンバーもいろいろ変わって、今は、ベース、ドラム、ピアノ・ボーカルでやってます。
ギターは最初に入ってたきりで、以後は入ってません。ギターの彼は、私が今まで聴く中では一番で、その彼を超えるギターに出会わない限り一緒にやらないと思います。

さるとる なるほど。もし、ギターがグループに入ったら、あ、美里ちゃんの目にかなったギターなんやな~って思っておくわ。

ピアノと一口に言っても、古典や定型のクラッシックもあれば、ポップス、ジャズ、カントリーといったその時々に生まれる音楽を奏でる世界もあります。
1つの領域に固執せず、色々な世界を奏でることでピアノの魅力を大勢の方に伝えていきたいとのことでした。

さるとる それでは、今取り組んでいることや、今後の活動について教えてください。

美里 オリジナル曲「声」が神戸学院大学グローバル学部のPV(プロモーションビデオ)のテーマソングに選んでいただきました。先日、大学生の皆さんが、アカペラでその歌を披露してくださったんですけど、もう感動してしまって鳥肌もんでした。
音源ありますので、ぜひ、聴いてみてください。
網干教会で1時間弾かせていただきます。
1時間なんですが、クラッシック、ピアノのみの演奏によるポップス、歌を付けてのポップス、オリジナルをやります。
あと、9月8日にトランペット2本とピアノによるコンサートがあります。

そんな濵田美里さんが、MIKIフェス(10/28)に出演いただきます。
意気込みを語ってくれました。

クラッシックとカントリージャズという異質の世界を奏でる濵田美里さんのピアノ、そして歌声をお楽しみください。
10/28MIKIフェスに登場します。よろしくお願いします。

プロフィール

濵田美里(はまだみさと)
明石市在住
シンガーソングライター ピアニスト
シンガーとしては、神戸、明石でイベントやライブに参加。
2017年4〜6月に、神戸のインターネットラジオレディクロと神戸ラピスホールタイアップによる次世代アーティスト応援企画にて、グランプリを獲得し、ラジオパーソナリティーも務める。
弾き語りや3ピースバンドで活動。
ピアノでは、ホテルや施設、レストランにて演奏。
音楽大学には奨学生として入学、卒業。

関連記事: MIKIフェス, さるとるのワンダフルハウス

  • MIKIフェス出演者の横顔(13)今村モータース MIKIフェス (18'7/23)

    今村モータース 9/16オープンマイクに登場! 地元神戸を中心に活動。2013 年リリースした 1st Album「夢見 gachi 商店街」は新人アーティストでありながら各地 CD ショップにてオススメアーティストとして展開され好調なセールスを記録。 これを受け 2nd Album「おかわりのかわり」が 20....
    もっと見る

  • MIKIフェス出演者の横顔(5)Rinana MIKIフェス (18'7/13)

    Rinana(りなな) 神戸のシンガーソングライター。 ダンス10年、そこからギターを持って曲作り&活動スタート。 実行委員長を務めるフェス”KOBEハーバーカーニバル”を開催する他、モデル、ラジオパーソナリティー、更にアパレルも立ち上げ、マルチに活動中。 他、BGケミカルイメージキャラクター、神戸....
    もっと見る

  • MIKIフェス実行委員アーティストの3人を紹介します MIKIフェス (18'7/12)

    MIKIフェス2018実行委員に名前を連ねてくれたのは、TOUMA、信政誠、松田礼央の3人。 3人とも、道の駅みきの感謝祭に出演してくれたことがあり、This is MIKIが思い描く「アーティストの集うまち三木」に共感してくれて、2つ返事でMIKIフェス実行委員を受けてくれた。 そんな3人のプロフィールを紹介します。....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景