予想以上の効果に驚き ノルディックウォーク体験教室 別所町公民館

ノルディックウォーク体験教室が、昨日(10/12)、別所町公民館にて行われ、参加者は、ポールを持って別所夢街道を歩いた。
別所町公民館主催。This is MIKI協力。
講師は、丹波市を中心に県内各地でノルディックウォークの講師を務めるノルディックウォーキングインストラクターの余田幸美さんが務めた。

ノルディックウォークは、2本のポール(ストック)を使って歩行運動を補助し、運動効果をより増強するフィットネスエクササイズ。もとは、クロスカントリーの選手が、夏の間の体力維持・強化トレーニングとして、ストックと靴で積雪のない山野を歩き回ったのがはじまり。

カラダ全体の90%の筋肉を動かし、1時間あたり約400kcal(通常のウォーキング/280kcal)を燃焼する全身運動である一方で、ポール使用により膝の関節・脊髄への負担を約5(kg/歩)軽減。正しい歩行姿勢の場合は約(8kg/歩)までの負担を軽減する。

教室では、体育館で、ノルディックウォークの効果等を聴き、ポールの使用方法を教わったあと、靴の履き方のレクチャーを受け、外に出て準備体操。

ポールを使った歩き方を教わったあと、三木鉄道廃線地を活用した遊歩道「別所夢街道」等を歩いた。

歩き終えた後、参加者からは、「また、やりたい。こんな機会があれば、是非、参加したい。」と、予想以上のノルディックウォーク体験に満足な様子だった。

「歩いて健康歩いてお得のまちづくり」を標榜するThis is MIKIとしても、今後、ノルディックウォークを進めていきたいと考えている。

関連記事: ノルディックウォーク, 歩いて健康歩いてお得のまちづくり

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景