とよさと軽音楽甲子園2022 三木高校 卍覇噁凛愚卍(ハウリング)出場おめでとう!

11/13(日)、【とよさと軽音楽甲子園2022】が豊郷小学校旧校舎群講堂で行われました。
兵庫県からは三木高校軽音楽部が出演し、39トライフェスでもお世話になっている顧問の福田先生から、「急遽、YouTubeで同時配信することになりました。」とご連絡をいただき、観てみましょーと13時半の開会からみせてもらいました。

This is MIKIでも、YouTube配信をしていることから、配信の方も興味をもって見せてもらったんですが、カメラワークやらテロップやら進行やら、(音響もそうですね。)もう、テレビ番組を観てるようで、三木高校は2番目の出場だったので、三木高校が終わるまで観てようと思ってたのが、気がついてみれば、スマホに食い入り、全て見せてもらいました。
先にテレビ番組のようにと言いましたが、もちろん各バンドのパフォーマンスによるところが大きいですね。
どのバンドも最高でした。

今回が10回目となるこのとよさと軽音楽甲子園ですが、過去2年はコロナ禍にあって開催できず、3年ぶりの開催ということになります。
出演したどのバンドも途中のMCで、開催にあたって、準備をしてくれた関係者の方々に感謝を表していたのがとても印象的でした。

冒頭の写真は、出場して興奮冷めやらぬ翌14日(月)18:00に三木高校のバンドを代表して2人の生徒さんにお越しいただい時のものです。


そのときの様子です。

で、こちらは大会のYouTubeです。
クリックすると三木高校の演奏からスタートするように設定しています。
一度ご覧になってください。

11/27(日)、This is MIKI 39 トライフェスに三木高校軽音楽部が出演してもらうことになってます。
「軽音甲子園に出場した卍覇噁凛愚卍(ハウリング)が出てくれるのん?」とたずねると、「いや、これからオーディションで決定するんです。」とのことでした。
三木高校軽音楽部の分厚い層を感じる一言でした。
11/27もお楽しみになさってください。

関連記事 読み込み中...

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。