【みっきぃニュースリポート】神戸電鉄〈新〉三木駅 駅舎完成!!


神戸電鉄〈新〉三木駅の駅舎が完成し、本日、供用開始の式典が行われました。

(写真は、お祝いのヘッドマークを付けた臨時列車が発車の様子です。)

神戸電鉄三木駅は、2018年3月4日近くの民家で発生した火災で延焼し、下り駅舎が焼失しました。
以後、三木駅再建を願って、三木市内外から寄付が集まり、その金額は、2022年2月16日記者発表によると、1億4589万円(内訳:三木市独自の寄付制度1093万円、ふるさと納税1億3496万円)にのぼったそうです。

式典は、新型コロナウイルス禍にあって、大々的には行わないものの、駅舎の完成の共にお祝いしようと、付近住民の方々や撮り鉄の方々、約100名が集まりました。

インタビューさせていただいたところ、遠くは埼玉や神奈川からいらっしゃった方もありました。

式典後、テープカットがなされ、寄付者銘板の除幕式の後、臨時列車の出発式となりました。

ヘッドマークは今後6500系の3両編成の電車に付け替えられ、4月末まで、運行するとのこです。

なお、この車両は、粟生線だけでなく、神戸電鉄全線で走る可能性があり、色々な線で、三木駅完成を祝したヘッドマークをみていただくことで、新駅完成のPR、また、三木駅にお客様を呼びたいと考えているとのことです。



今日、たくさんいただいたインタビューの様子は、みきらぢサンナナ内で、順番に紹介したいと思います。

聴いてね~。

【エフエムみっきぃはインターネットでもお聴きいただけます♪】

↑クリックで聴いていただけます↑

関連記事: 三木駅建設中, 神戸電鉄

  • 覆いのとれた神戸電鉄三木駅 神戸電鉄 (22'2/16)

    建設中の神戸電鉄三木駅。 鉄骨で骨組みが組み立てられ、その建設経過がみれるのではないかと胸膨らんだのもつかの間、覆いがかぶせられ、太陽の光りに時折シルエットが見えるときもあるけれど、時間を逃せばみることができず、そのうち、興味が失せていきました。 数日前、屋根の覆いがとられると、思い出したように興味がわいてきて、いつ(....
    もっと見る

  • 三木駅再建費2億円 神戸電鉄 (21'6/23)

    神戸新聞朝刊(2021年6月23日)によると・・・ 兵庫県三木市は22日、再建を進める神戸電鉄粟生線三木駅の駅舎建設費が、当初から約6800万円増の1億9836万円になると発表した。施工条件の見直しなどで追加費用が発生し、神鉄負担増加分を除いた市の負担額は、約6400万円増となった。再建スケジュールにも影響し、当初年内....
    もっと見る

  • 三木駅建設中(アルバム) 三木駅建設中 神戸電鉄 (21'11/13)

    神戸電鉄三木駅建設中の様子をアルバムにしています。 2021年11月17日AM7:30 2021年11月16日AM6:30 2021年11月13日 AM6:30 2021年11月10日 AM6:30....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景