【ぶどう日記】房間引き

【房間引き(2020.5.7)】
大先生から5/6に電話があり、ここんところの温かい日和でぶどうがグンと成長してるから、次の作業をするという連絡をもらいました。

ぶどう畑に行ってほんとにビックリ!
めっちゃ伸びてる。
中には、ビニールの屋根に迫ろうかというものも。

さて、昨日の作業は、房間引き(ふさまびき)。
ぶどう(ベリーA)って、1つの枝に1房ならせるのが基本。
↑の写真を見てもらうとわかるとおり、放っておいたら、将来ぶどうになる花芽がたくさんできてしまい、栄養を分散させてしまうそう。

だから、一つに絞るんですが、この作業、手の届く範囲であるこの時期にやっておかないとえらい目にあいます。

というのは、ずっと上を向いてやる作業だから。
花芽を取るのともう一つはひげを取るのと。ひげは、ゆくゆくはツルになるので今のうちに止めておかないと、後に面倒くさいことになるんだって。
そのひげがあるのが、てっぺん。
なのて、首はずっと空を向いている状態になるわけです。
(♪上を向いて歩こう が頭の中をずっと流れてました。この歌トラウマになりそう(苦笑))

で、その角度を少しでも和らげてくれるのがこれ。

コンテナを裏返して台として使用。僕の大事な相棒です。
針金がついているのがわかると思うのですが、この針金は、作業するぶどうの枝の下に相棒を連れて行くのにひっぱるためのものです。
身長160センチの僕も、この台に乗ると目線はぶどうの棚と同じ高さになるのですが、それでも、1本1本、丁寧にやる作業なので、もうとにかく首がパンパンになります。

さてさて、まだ、首もパンパンでないとき、事件は起こりました。
作業に若干慣れてきて、作業をなめたんだと思います。自分ではそんなこと全く思ってないんですが・・・
屋根に届くくらい成長しているのんの房をとり、天高く伸びている緑の枝をもって、上の方を覗いて、ひげを取ろうとした瞬間、その成長著しい枝が根元から「ぽろん」と取れてしまったのです。
顔面蒼白
ポきではなく、ぽろんなんです。
え~、こんなにもろいん??小さい目が飛び出しそうでした。
思わずボンド探そうかと思ったくらい。
作業はなめたらあきませんな。
あとで大先生にそのことを正直に伝えると、今の時期のぶどうの枝は弱いし、捻枝(ねんし)といって、立っているぶどうの枝を横に寝かせる作業の時は、何ぼほど落としてしまうかわからんよと言われました。
まじかよ~。
僕の手ひとつで、ぶどうを成らせるのか成らせられないのかを思うとドキドキもんです。
気合入れていきます。

心して取り組んでいきます!!
(♪上を向いて歩こう も1日中歌います!)

関連記事: ぶどう日記

  • 【ぶどう日記】ジベレリン講習会 ぶどう日記 (20'5/19)

    (ベリーA) (シャインマスカット) 【ジベレリン講習会 2020.5.18】 ふどうってね、種無しの品種があるのではなく、種無し処理を行って種無しぶどうが出来ます。 ぶどうの生育が全部じだったらいいんだけど、早いものもあれば遅いものもあるでしょ。ジベのタイミングで種が出来てしまうことがあるそうです。 昨日は、そんな大....
    もっと見る

  • 【ぶどう日記】肥後の守 ぶどう日記 (21'2/13)

    今日は、春を思わせるような暖かい一日でした。 最高気温は17度だったそう。このまま春に突入かーといきたいところですが、来週半ばあたり、また、寒気がおりてきて寒くなるそう。 皆さま、体調管理にはくれぐれもご注意ください。 今日は、午後から、ぶどう園に。 粗皮剥きにいそしんでますが、なんか、いい手がないものかと登場したのが....
    もっと見る

  • 【ぶどう日記】ピオーネ ジベレリン処理 ぶどう日記 (20'6/7)

    以前にジベレリン処理(5/22更新記事)として記事をアップしましたが、その時はベリーAでした。 今回はピオーネ。 なんでこんな時期が違うのかというと、ベリーAが花の咲く前なのに対し、ピオーネは花の咲いた後の処理だから。 目的は同じく、無種子化、肥大化促進なんだけど、時期が違うのは不思議ですね。 あんまり天気が良すぎると....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景