団扇(うちわ)とふたたびの花

先日、高橋富子さんのレンジでチンする簡単プリザーブドフラワー「ふたたびの花」をご紹介しましたが、その高橋さんから、「団扇(うちわ)」に飾ったふたたびの花の写真を送ってきてくださいました。

花はいいですね。コロナで気が滅入っているときなど、この花飾りを見て、ほっとしたり、気持ちが明るくなったり。

高橋さんは、コロナで疲弊している方々の癒しになればと、このふたたびの花の団扇(うちわ)飾りを思いついたそうです。

コロナで疲弊しているといえば、特に医療現場を思い出します。

医療現場でこの団扇飾りを見ていただいて、そんな癒しになるのであれば、喜んでお贈りしましょうということです。
もし、この記事を読んで、うちの医療機関にほしいということであればご連絡ください。
数に限りがありますのでお早めに。
(問)This is MIKI
電話 090-6915-3869 (森田)
mail miki.soumu01@gmail.com


さて、この団扇(うちわ)なんですが、調べてみてびっくり! 実は、こんないわれのある縁起物だそうです。

団扇(うちわ)は、奈良時代に中国から伝来し、あおいで風をおこし、神の気配を強めるという働きがあるそうです。
今でも、神輿担ぎや盆踊りの際などに、うちわはつきものですが、これも神の力を奮いたたせ災厄を祓う意味合いがあるそうです。

コロナという災厄を祓う「団扇(うちわ)」。

ちょっと仕掛けられへんかな~と思っています。

関連記事: 新型コロナウイルス

  • 新型コロナワクチン接種は来年前半の見通し 新型コロナウイルス (20'7/23)

    新型コロナウイルス第2波かと言われている最近の感染拡大のニュースに、ワクチンはいつやねんとその開発が急がれていますが、『朝チャン』でWHO専門官のインタビューを報じてました。 実際に接種が始まるのは来年前半だろうとの見通しです。 詳しくは、上の添付をご覧いただきたいのですが、複数の候補が開発の山場とされ数千人規模を対象....
    もっと見る

  • 留守番中のルールについて子どもたちと話し合いを! 新型コロナウイルス (20'4/23)

    『三木安全安心ネット』でメールに届いた情報です。 『新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、他県で休校のため自宅で留守番をしていた子供が、室内に侵入した犯人と遭遇する事件が発生しています。 また、ウソをついて室内に入り込もうとしたり、電話でだまそうとする犯罪も予想されることから、防犯ニュースに記載の防犯ポイントを参考に、被....
    もっと見る

  • コロナウイルスってなんだろう? 新型コロナウイルス (20'3/5)

    今朝(3/5)の読売新聞朝刊くらし欄(15面)の「医療ルネサンス」コーナーで「新型コロナウイルス」について藤田医大感染症科が小学生向けのイラスト付き説明資料を作った旨の記事が掲載されています。 それが今日のタイトル「コロナウイルスってなんだろう?」。 目に見えないウイルスの性質からはじまり、子どもは重症化しにくいが、祖....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景