専門家会議の示す 8割減の10のポイント 


朝からニュースを賑わしているのは、安倍総理の「オンライン帰省」という言葉でしょうか。

政府専門家会議の示す「人との接触を8割減らす、10のポイント」と題した資料。

接触機会のさらなる削減に向けて、今後、国民に対して日常生活を見直すよう呼びかける方針が説明されました。

10のポイントとは・・・

【1】実家などへの帰省を避け、ビデオ通話によるオンライン帰省をすること、
【2】スーパーでの買い物は、1人または少人数で、空いている時間に行うこと、
【3】ジョギングは少人数で行い、公園はすいた時間・場所を選ぶこと、
【4】急ぎではない買い物は通信販売で行うこと、
【5】飲み会はオンラインで行うこと、
【6】診療はオンラインなどによる遠隔診療で受けること、
【7】筋トレやヨガは自宅で動画を活用して行うこと、
【8】飲食は持ち帰りや宅配を利用すること、
【9】仕事は在宅勤務で行い、通勤は医療・インフラ・物流など社会機能維持のための業種に限ること、
【10】会話はマスクをつけて行うこと、を呼びかける、としています。

オンラインという言葉が並びますね。

This is MIKIでお世話になっているスタッフのお一人お一人の顔を思い出したとき、全員が全員、オンラインで、ビデオ通話などできるわけではありません。

昨日、そんなスタッフのお一人で70代女性の方からお電話をいただきました。
明るい声で、「元気してる。桜の動画見たよ。元気でたわ。」からはじまり、正しい手洗い方法にも話が及び、色々と教えていただきました。
「ラジオも楽しみにしてるからね~。」といってくださいました。

ビデオ通話ではなく、電話でのやりとりでしたが、とっても、あったかな気分になり、勇気づけられたんです。

スタッフでもこんな気持ちを持ちました。
それが、肉親だったらどんなにうれしいことか。

緊急事態宣言は、全国に拡大されました。毎日、テレビをはじめメディアで新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛要請を受けていることを実家のお父ちゃん、お母ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんもよーく知っていて、今年は、帰省してこれないことをわかっているはずです。

たとえ直で会えなかったとしても、電話でどうしてる?と言われるだけでうれしいもんです。

僕には、もう父も母も他界して声をききたくてもきけないけれど、スタッフさんからの電話でこんな気持ちになったのだから、実の息子や娘あるいは、父や母から電話があれば、気分が高揚するに違いありません。

今年、免疫力の向上を呼び掛けていますが、「うれしい」という気持ちもまた、NK細胞を活性化させてくれます。

テレビ電話はできないかもしれませんが、是非、電話ででも元気なお声を聞かせてあげてください。

関連記事: 新型コロナウイルス

  • 三木市 中央図書館、吉川図書館で予約本の貸出再開 新型コロナウイルス (20'5/12)

    昨日の生放送「みきらぢサンナナ」の中でも、ご紹介させてもらった図書館での予約本の貸出再開について。 初日の様子ということで、番組でお話をさせていただきたく、あらかじめどんな様子だったか、三木中央図書館の伊藤館長に同図書館の様子を電話でお聞かせいただきました。 窓口では、皆さん、あらかじめ伝えている時間どおりにお越しにな....
    もっと見る

  • 新型コロナウイルス感染予防について改めて確認を! 新型コロナウイルス (20'7/10)

    三木市にお住いの30代男性の方が新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認された旨、三木市から記者発表がありました。軽症とのことです。 この機会に、お一人お一人が、改めて、感染予防について確認し、努めて、感染拡大防止について取り組むようにしましょう。 以下は、「新しい生活様式」として、専門家会議により提言があったものです....
    もっと見る

  • ソーシャル・ディスタンシング 新型コロナウイルス (20'4/3)

    直訳すると「社会的距離」という意味です。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、注目されている言葉です。 昨日、こんなニュースが流れました。 シンガポールの研究グループが、新型コロナウイルスに感染した人は、熱やせきなどの症状が出る前でもほかの人にウイルスを広げてしまうことを裏付ける研究を発表したということです。 研究グ....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景