スリップストリーム

昨日のみきらぢサンナナで取り上げた運動時における対人距離が2mでは不足しているという話。今朝の「朝チャン」でも取り上げられていたので改めて残しておこうと思います。

スリップストリーム

スリップストリームとは、一般的には移動する車や自転車のすぐ後ろにできる気流のことをいいます。

ウォーキングやジョギング、サイクリングにおいてもこのスリップストリームが起き、人の後ろを歩いたり走ったりする場合は、そのスリップストリームを避ける距離を取ることが必要となるということです。

具体的な距離をいうと
徒歩:4~5m
ジョギング:5-10m
マラソン:10m
サイクリング:20m

われわれが認識する「ソーシャルディスタンス=2m」は、あくまで静止している時と解釈するべきだと記事は伝えております。

僕が参考にした記事はこちら。


朝チャンでは、運動中でも感染の可能性があるとして警戒するように注意を促している山中伸弥教授のことを取り上げていました。

ジョギングするときにマスクをするように呼びかけています。

運動中にマスクってなんとなく違和感を感じますが、「Buff(バフ)」とよばれる、ジョギング中に口を覆うグッズを紹介していました。

なるほど、こういうのがあればよいですね。

関連記事: 新型コロナウイルス

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景