布マスクを作っていただきました 超お気に入り♪

昨年ツキイチでイオン三木店で行っていたちびっ子イベントも新型コロナウイルスの影響で行うことが出来ず、スタッフの皆さんと会えず、当たり前のように笑い会えてた日々が懐かしく感じ、おセンチになっています。

会えなくてもラインであったり、電話であったりと、連絡をとって、「どないですか?」と近況をお聞かせていただいたりしてるんですが、「元気にやってるよ」「あなたも気を付けてね」と逆にこちらの心配をしていただいたりと、こんな時に人の気持ちに触れると、仲間っていいなって改めて思います。

そんな近況をお聞かせいただいている中で、元子ども園の園長である筒井先生が布マスクを作ってて、周りの方々からも声をかけてもらって、結構好評やねんと教えてもらいました。

ほんなら、僕のも作ってよ~といって作ってもらったのが写真。

中部分はガーゼ地の布マスクなんですが、市販の使い捨てマスクと同じく鼻の部分は、鼻にフィットするようにワイヤーが入っているという凝りよう。

かみ(神)さんの分と合わせて4枚作ってもらいました。

どれも、可愛くって、おしゃれです。


新型コロナウイルスの感染経路は、「飛沫感染」と「接触感染」といわれており、「飛沫感染」を避けるために対面距離を1.8~2m開けること、また、しぶきがついた手すりやドアノブなどを握り、その手で口や鼻を触って体内に入る「接触感染」を避けるために、石鹸を使った15秒以上の「手洗い」やアルコール消毒がいわれています。

では、マスクはどうなのかというと、世界保健機関(WHO)によると『一般向けのマスクを着けても感染を予防できる根拠はないと改めて指摘する一方で、自分が感染している場合に他の人にうつさないためには効果がある』という見解を示したということです。(NHK NEWS WEB 2020.4.8)

無症状感染者による感染が感染拡大を招いているといわれています。

元気である自分自身がひょっとしたら感染しているかもしれません。
飛沫はせきやくしゃみでなくとも、(近距離での)会話でも飛ぶそうです。(だから1.8~2mの距離を保ちましょうということです)
自分の飛沫から感染させる可能性があるということを考えると、マスクは効果的だといえます。

マスクは、ウイルスの侵入を予防できないかもしれないけれど、他人に飛沫を飛ばさない、つまり、他人に迷惑をかけないためにするものだといえます。

つまり、予防方法としては、距離を置き、手洗いをする。マスクは(たとえ自分自身に症状がなかったとしても、自分が感染しているかもしれないという意識の下)人にうつさないようにするためのエチケットと考えるのが正しい捉え方です。


それならば、少しでもかわいいマスクがいいなと思ってお手製のものを身につけることにしました。

てことで、今日は、マスクのお話でした。

関連記事: 新型コロナウイルス

  • 留守番中のルールについて子どもたちと話し合いを! 新型コロナウイルス (20'4/23)

    『三木安全安心ネット』でメールに届いた情報です。 『新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、他県で休校のため自宅で留守番をしていた子供が、室内に侵入した犯人と遭遇する事件が発生しています。 また、ウソをついて室内に入り込もうとしたり、電話でだまそうとする犯罪も予想されることから、防犯ニュースに記載の防犯ポイントを参考に、被....
    もっと見る

  • スリップストリーム 新型コロナウイルス (20'4/22)

    緊急事態下、運動時の距離「2メートル」では全然足りない可能性 | FRIDAYデジタル https://t.co/nGfsKV7jsx #新型コロナウイルス — さるとる@This is MIKI (@cooperjmkjr) April 21, 2020 昨日のみきらぢサンナナで取り上げた運動時における対人距離が2m....
    もっと見る

  • コロナウイルスってなんだろう? 新型コロナウイルス (20'3/5)

    今朝(3/5)の読売新聞朝刊くらし欄(15面)の「医療ルネサンス」コーナーで「新型コロナウイルス」について藤田医大感染症科が小学生向けのイラスト付き説明資料を作った旨の記事が掲載されています。 それが今日のタイトル「コロナウイルスってなんだろう?」。 目に見えないウイルスの性質からはじまり、子どもは重症化しにくいが、祖....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景