稲刈りの合間に三木たけとり物語

三木市吉川町は、酒米の王様「山田錦」の産地。
農家では、稲刈りが始まり、隣が始めると、やきもきです。(とのこと)

毎日が都合よく晴ればかりとは限りませんので、お天気に合わせて稲刈りが行われます。
なので、昨日なんかは、出来れば稲刈りにかかりたい。

ところが、今年の十三夜は、10月11日。
十五夜もそうだけど、十三夜は、太陰暦なので、毎年同じ日ではないんです。
今年は、11日。稲刈りドンピシャということで、イベントどころちゃうでーというのが、農家である三木たけとり物語委員会メンバーの心の声です。
(心の声といいつつ。漏れてますけどね(笑))

ということで、ひょっとしたら、11日は準備には来れないんじゃないかということで、昨日集まってくれたメンバーは、稲刈りを断念して、十三夜の準備で、朝から、竹藪に入り、竹の灯籠作りにかかりました。

僕はというと、昼から、This is MIKIミュージックライブがあったので、霧だしこそ、顔を出せたのですが、その後の作業はメンバー任せ。

という、そんな裏事情を抱えて、11日(金)十三夜を開催します。

とかいうてたら、台風19号発生。

また、やきもきの一週間を過ごすことになりそうです(^_^;)

どうか、晴れて、お月見ができますように!!

関連記事: 三木たけとり物語, 十三夜, 山田錦の郷

  • 今夜は十三夜 三木たけとり物語 (19'10/11)

    日本古来の風習でお月見は、旧暦の八月十五日の「十五夜」と旧暦の九月十三日の「十三夜」の二回することとされてきました。 三木たけとり物語委員会では、毎年、「十三夜」にPRイベントとしてコンサートを開催することにしています。 これは、「三木たけとり物語」は吉川町を中心に展開しているPJで、三木たけとり物語より以前から、同じ....
    もっと見る

  • 三木たけとり物語 梅雨の合間に草刈りを! 三木たけとり物語 (19'7/23)

    なかなか入らないといっていた梅雨。 入れば入るで、鬱陶しい毎日。週末に行事予定を組んでいることが多いですから、天気とにらめっこの毎日が続きます。 草刈りもその一つ。 ☆ 三木たけとり物語では、毎年、この時期に山田錦の郷から黒滝に続く「たけとり物語」のシンボルロード「たけとりロード」の草刈りを行っています。 また、それに....
    もっと見る

  • 東日本大震災 追悼行事に緑が丘中生徒会も呼びかけ作った竹灯籠並ぶ 三木たけとり物語 (17'8/16)

    8月15日、東日本大震災の犠牲者を追悼する盆行事が宮城県名取市の仮設住宅「愛島東部団地」で行われました。 追悼行事を支援するために訪問している「神戸・心絆」から追悼行事の写真が届きました。 追悼行事に使われている竹灯籠600本のうち、約半分は、7/23メッセみきにて開催されたママキラフェスタにて、神戸・心の絆、三木たけ....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景