稲刈りの合間に三木たけとり物語

三木市吉川町は、酒米の王様「山田錦」の産地。
農家では、稲刈りが始まり、隣が始めると、やきもきです。(とのこと)

毎日が都合よく晴ればかりとは限りませんので、お天気に合わせて稲刈りが行われます。
なので、昨日なんかは、出来れば稲刈りにかかりたい。

ところが、今年の十三夜は、10月11日。
十五夜もそうだけど、十三夜は、太陰暦なので、毎年同じ日ではないんです。
今年は、11日。稲刈りドンピシャということで、イベントどころちゃうでーというのが、農家である三木たけとり物語委員会メンバーの心の声です。
(心の声といいつつ。漏れてますけどね(笑))

ということで、ひょっとしたら、11日は準備には来れないんじゃないかということで、昨日集まってくれたメンバーは、稲刈りを断念して、十三夜の準備で、朝から、竹藪に入り、竹の灯籠作りにかかりました。

僕はというと、昼から、This is MIKIミュージックライブがあったので、霧だしこそ、顔を出せたのですが、その後の作業はメンバー任せ。

という、そんな裏事情を抱えて、11日(金)十三夜を開催します。

とかいうてたら、台風19号発生。

また、やきもきの一週間を過ごすことになりそうです(^_^;)

どうか、晴れて、お月見ができますように!!

関連記事: 三木たけとり物語, 十三夜, 山田錦の郷

  • お月見は十五夜と十三夜 三木たけとり物語 (18'9/25)

    日本古来の風習により、お月見は、2回とされてきました。 ひとつは、十五夜。旧暦の8月15日に愛でる月で、昨夜が十五夜でした。もうひとつは、旧暦の9月13日の十三夜。今年は10月21日(日)となります。 十三夜のことを別名、「後の月(のちのつき)」と呼びます。 十五夜は一般的に満月なのに対し、十三夜はあともう少しで満月と....
    もっと見る

  • お月見 絵本と音楽のコンサート  三木たけとり物語 (19'9/16)

    昨日、竹のもっきん作り、コンサートにご参加いただきました皆様、暑い中、長時間にわたり、お付き合いいただきまして、ありがとうございました! とにかく月が出ないことには、月見でないな~とやきもきしながらの進行だったんですが、かぐや姫の朗読というこの上ないタイミングで橙(ダイダイ)に光り輝くお月様が上がってくるという絶好の瞬....
    もっと見る

  • 今度は夜にお月見です!(9/15 十五夜お月見会) 三木たけとり物語 (19'8/26)

    今年は、イオン三木店さんにご協力をいただいて、とにかくいろいろとさせていただこうと思い当たるものをどんどんと出させてもらっています。 雨のてるてる坊主からの傘でおひさまの後はお月様です。 9/15(日) イオン三木店屋上にて十五夜お月見会を開催します! 着想は至ってシンプルで、全部、おもろいやろな~から。 ・イオン三木....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景