創作絵本制作へのご支援ありがとうございました!⑤

創作絵本「バッタくんのおくりもの」の初版本を制作するにあたりご支援をいただきました団体にお礼方々絵本の寄贈にうかがわせていただいています。

昨日夕方、国際ソロプチミスト三木に井本智勢子プロジェクト座長とともにおうかがいし、七島礼子会長に絵本を贈呈させていただきました。(写真)

絵本制作に対する熱い思いをまず最初に受けてくださったのが、国際ソロプチミスト三木様でした。社会の希薄化の中にあって、絵本による親と子の繋がり、家族の繋がり、社会の繋がりにご賛同いただき、絵本の完成を本当に心待ちにしていただいていた団体です。

11月24日のお披露目会にもお越しくださり、共に完成を喜んでくださいました。
その時の様子を国際ソロプチミストのHPの日本中央リジョン・クラブ便りにてご報告いただいております。

国際ソロプチミスト三木様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。


創作絵本「バッタくんのおくりもの」は、多くの団体・個人からの寄付や募金をいただいて初版本を作ることが出来ました。

名前を挙げさせていただくと、
国際ソロプチミスト三木、三木ライオンズクラブ、三木中央ライオンズクラブ、三木東ライオンズクラブ、三木ロータリークラブ、三木みどりロータリークラブです。
その他、匿名の団体からもいただいております。

そんな団体に心ばかりのお礼として、絵本を1冊寄贈させていただくこととして、順番に表敬訪問をさせていただいております。


「バッタくんプロジェクト」は「1万人に届けたい」という目標を掲げています。副題として「心で繋ぐ創作絵本『バッタくんのおくりもの』」としているとおり、コンサートや絵本の読み聞かせなどを通して、「心」と「心」がふれあい、その「心」がまた次の方の「心」に繋がっていくという理想を描いています。

「繋がり」の希薄化といわれている現代の社会にあって、絵本を通して「繋がり」作りに挑戦している「バッタくんプロジェクト」はまだはじまったばかり。

このバッタくんプロジェクト、色々な角度から、盛り上げていきたいと思っていますのでご協力の程、お願いします。以下募集です。

【募集】

バッタくんコンサートの際に、絵本の朗読をしてくれる高校生、大学生の朗読ボランティアを募集しています。
時間の合うときだけで構いませんので、興味のある学生さんは、ぜひ、ご連絡ください。
朗読だけでなく、歌や楽器など、できることでの協力申し出はウェルカムです!


「バッタくんのおくりもの」を読んでくださる朗読グループも募集しています。
朗読ボランティアでどちらかに出かけられた際に、「バッタくんのおくりもの」を読んでくださいませんか。


「バッタくんコンサート」のオファーもお待ちしています。

詳しいお問い合わせは、こちらまでお願いします。
(問)NPO法人This is MIKI 090-6915-3869 森田

関連記事 読み込み中...

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。