さるとるのワンダフルハウスvol.2〔ゲスト:信政誠、松田礼央〕

あめにてぃ倶楽部・三木(パナソニックホームズ三木展示場)を舞台に、地元
コミュニティラジオ・エフエムみっきぃでもパーソナリティーを務める[さるとる]ことThis is MIKI理事長の森田優が、様々な分野のお客様をお招きしてインタビューをし、その様子をこちらで紹介していくというものです。

今回のゲストは、第1回This is MIKI ミュージックフェスティバル(通称MIKIフェス)実行委員のアーティスト、信政誠さんと松田礼央さんです。

ふたりの関係を知らなかった僕は、おふたりのセッションは最近のことと思ってインタビューを進めていると、なんのなんの昔からのつきあいで、松田礼央さんが、カホンをやりだした頃にお世話になっていたアーティストが信政誠さんだということを知りました。松田さんは信政さんの3つ下で、ふたりともサッカーをしてきたことから、出会った頃のふたりの関係は、体育会系の先輩後輩。メジャーデビューした26歳頃の信政さんは、とても厳しく、後ろでたたくときにすごい緊張したことなどをリアルに語ってくれました。

さるとる 信政誠さんは、「音楽の地産地消」を提唱しています。音楽の地産地消とは、どういうことをいうのでしょうか。

信政誠 「音楽の地産地消」とは、その土地で産まれた音楽をまずはその土地の人たちに愛着を持ってもらい全国に発信していこうというコンセプトです。
代表曲インフィオラータ神戸のテーマソング「春うららか」がそのコンセプトの下で産まれたもので、兵庫県下でこうしたその土地その土地において「音楽の地産地消」を広げ、全国に発信していきたいと思っています。

さるとる ということは、三木でも「音楽の地産地消」ということで、信政さんによる三木を歌った曲が出来るかも知れないということやね。それは、すごく楽しみですね。

松田礼央さんがカホンをやりはじめたのは大学を卒業してから。音楽をやりたくて、家にあったカホンを持って、当時、神戸のまちでストリートで歌っているミュージシャンに声をかけて叩かせてもらったそうです。

松田礼央 出来るだけ優しそうな人に声をかけていったんです。隣で叩かせて(セッションさせて)もらっていいですかって。いいよって言ってくれる方もいれば、「俺、そういうんじゃないから」って断られることもありました。
で、そうやって叩かせてもらったアーティストの一人が、近々ライブやるから叩きに来てよって声をかけてくれて、ライブハウスで叩かせてもらうことになり、そこから、信政さんとも知り合うことになったんです。
 そのときの信政さんは、ピーンとしてましたよ。めっちゃ、緊張しました。

信政さんによると、「昔は、めちゃくちゃとんがってましたね。」と今見せてくれる柔和な顔からは想像出来ないような音楽に対する個の厳しさがあったことを教えてくれました。

今、信政さんは、より、音楽を広げていくためにチームとして、松田さんとセッションを行っています。

信政誠 昔は、オーダーやったんです。今は、曲を奏でるチームです。僕がやりたいと思っていることがありますから監督ではあるんですが、僕も選手で、選手兼監督ですね。

MIKIフェスはオープンマイクのみ参加のアーティストも含めて、13人のアーティストが名前を連ねてくれています。
チームMIKIフェスが三木を盛り上げてくれます。

MIKIフェスの実行委員として名前を連ねてくれたふたりからのメッセージです。

自分たちもお客さんもみんなが楽しんで盛りあがるイベントにしたいと締めくくってくれました。

信政誠

2011年、テイチクエンタテインメントよりメジャーデビュー。
1st Single 「春うららか」では、全国ラジオ局パワープレイを多数獲得。し
毎年10万人を越える来場者の、神戸を代表するイベント「インフィオラータこうべ北野坂」
のオフィシャルテーマソングにも起用されている。
2015年には、初のホールワンマンライブに挑戦し、自己最高の350名動員を達成。
音楽の地産地消、地域発信を掲げ、「まち」と「ひと」に元気と笑顔を届け、
「街に根付くアーティスト」を目指し歌い続けている。
MIKIフェス2018 実行委員メンバー
https://www.nobumako.com/

松田礼央

神戸在住の打楽器奏者。
様々なアーティストのサポートミュージシャンとして多数出演。
“その時、その場所にしか生まれることのないリズム”をモットーに、観る人の感情を揺さぶるパフォーマンスで、ライブハウスや各種イベント・ワークショップなど幅広く打楽器の魅力を発信し続けている。
MIKIフェス2018 実行委員メンバー
http://leocajon.wixsite.com/leomatsuda

MIKIフェスは、3回のオープンマイクというミニライブを三木ホースランドパーク(8/12)、山田錦の郷(9/16)、道の駅みき(10/14)で行い、10/28道の駅みき秋の感謝祭に合わせて実施する一連の音楽イベントです。

インタビューは、三木市大塚にあります「あめにてぃ倶楽部・三木(パナソニックホームズ三木展示場)で行っています。

おまけ

関連記事: MIKIフェス, さるとるのワンダフルハウス

  • MIKIフェス出演者の横顔(14)浅羽由紀 MIKIフェス (18'10/3)

    浅羽由紀(あさばゆき) 10/14オープンマイクに登場! 6 歳の時ヤマハ音楽教室に入る。最初はエレクトーン、9 歳からピアノへ。初めての作曲は8 歳。 音大在学中21歳から弾き語りとして活動を始め、卒業後もOL をしながら渋谷・横浜を中心にライブ活動を行うもほんとんど活動できていなかった。 25 歳で長年見て見ぬふり....
    もっと見る

  • MIKIフェス出演者の横顔(9)fucchiE(フッチー) MIKIフェス (18'7/17)

    fucchiE(フッチー) 北九州生まれ北海道育ちマルチシンガーソングライターfucchiE(フッチー)。福岡県立大学人間社会学部社会福祉学科卒業。 全国各地、ご縁のある地に出向いては手話歌ライブを開催し、イラストレーター、MCとしても活動を展開。ニューアルバム「7」をリリース。2016年から毎年ダンスとボーカル留学を....
    もっと見る

  • 「MIKIフェス2019@伽耶院」の思い MIKIフェス (19'11/26)

    今朝の神戸新聞(11/26)朝刊に「MIKIフェス」について掲載をいただきました。 WEB版の神戸新聞NEXTでもお楽しみいただけますので、是非、ご覧ください。 MIKIフェスの様子については、FBでアルバムを作りましたの、ご覧ください。 今日は、このMIKIフェスについて、企画の裏側、僕の「思い」のお話。 ☆ 志染小....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景