高校サッカー:2018インターハイ県大会予選ベスト32決定!!


(小野高校対東播工業高校 前半コーナーキック。写真の後、キーパーがはじき、金澤圭人君(6・MF・2年)が押し込み小野高校が先制点。それが決勝点となり1対0で勝利する。)

平成30年度第62回兵庫県高等学校総合体育大会サッカー競技兼全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選が5月3日より行われており、163の高校が全国大会を目指して、熱戦を繰り広げている。

5月12日(土)、灘高校グラウンドにて、三木高校対神戸朝鮮高校、小野高校対東播工高校の試合があり、三木高校が2対0、小野高校が1対0でいずれも勝利し、ベスト32に勝ち上がった。
同日、播摩光都グラウンドで県立大付属と対戦した社高校は、5対0で同じく勝ち上がった。
翌日の5月13日(日)、滝川第2高校グラウンドにて洲本高校と対戦した三木北高校は、惜しくも0対2で敗れた。

ベスト16をかけた4回戦は5/26(土)に行われる。

試合結果、試合予定は、こちら。

関連記事: ニュース, 三木高校, 小野高校

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景