阪神淡路大震災23年 竹灯籠の文字「伝」

6434人が犠牲となった阪神淡路大震災から23年。雨のなか、大勢の方が、追悼のため、三宮東遊園地に集まっています。

三木たけとり物語は、昨年11月、金物まつりで竹灯籠づくりを呼びかけました。
今年、竹灯籠で描いているのは、「1995」「伝」「1.17」です。

23年経ってもなお、伝えること、また、伝えなければならないこと。
今日は、「命」について改めて振り返るそんな日にしたいと思います。


上は、中央区連合婦人会のブースにあった粕汁の鍋です。

写真撮らせていただけますかと声を掛けさせたいただくと、
「この鍋は、震災の際、県外から、送ってきていただいたもので、炊き出しで使っていた鍋です。」「1つの鍋で700人前位とれる。」とのことでした。

具だくさんでしたが、大根、人参、ネギはJA兵庫六甲や同じ東遊園地で開催されるファーマーズマーケットに参加する農家さん達から寄付されたもので、酒粕は灘御影郷 剣菱酒造提供とのことです。

朝から、色々ほっこりしました。

関連記事: 三木たけとり物語

  • 雨にも負けず 門松の竹を準備 三木たけとり物語 (18'12/22)

    毎年、山田錦の郷にお目見えする門松は、三木たけとり物語が飾らせていただいております。 山田錦の館とよかたん温泉の玄関先の計2組(4個)準備します。 12月22日、門松用の竹を準備するため竹林に入り、竹の伐採を行いました。山田錦の郷に飾るにふさわしい竹をと直径約15㎝の竹を選定し伐採。 約2mのものを12本準備しました。....
    もっと見る

  • 今夜は十三夜 三木たけとり物語 (19'10/11)

    日本古来の風習でお月見は、旧暦の八月十五日の「十五夜」と旧暦の九月十三日の「十三夜」の二回することとされてきました。 三木たけとり物語委員会では、毎年、「十三夜」にPRイベントとしてコンサートを開催することにしています。 これは、「三木たけとり物語」は吉川町を中心に展開しているPJで、三木たけとり物語より以前から、同じ....
    もっと見る

  • 今度は夜にお月見です!(9/15 十五夜お月見会) 三木たけとり物語 (19'8/26)

    今年は、イオン三木店さんにご協力をいただいて、とにかくいろいろとさせていただこうと思い当たるものをどんどんと出させてもらっています。 雨のてるてる坊主からの傘でおひさまの後はお月様です。 9/15(日) イオン三木店屋上にて十五夜お月見会を開催します! 着想は至ってシンプルで、全部、おもろいやろな~から。 ・イオン三木....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景