覆いのとれた神戸電鉄三木駅


建設中の神戸電鉄三木駅。
鉄骨で骨組みが組み立てられ、その建設経過がみれるのではないかと胸膨らんだのもつかの間、覆いがかぶせられ、太陽の光りに時折シルエットが見えるときもあるけれど、時間を逃せばみることができず、そのうち、興味が失せていきました。
数日前、屋根の覆いがとられると、思い出したように興味がわいてきて、いつ(全部)とれるのかいつとれるのかと、ウキウキワクワクの日々を送っておりました。
そして、昨日、とうとう、その日がやってきました。
覆いが全部外されました。
昨日、写真を撮ることが出来なかったので、今朝早く、撮りに行きました。

朝焼けと三木駅。
なんとナイスタイミングかな。
三木駅の看板もバッチリ出ていて、エエやんか~と思って近づいていくと、看板が、なんだかヨレている感じ。
ん?!

近づいてみると紙!!
なんや!!紙やん!!
と朝から突っ込んでしまいました。

最後に裏側のアングル。ちょうど上下線の列車がやってきたところ。なんかテンションあがりました。


今夜は満月。スノームーンです。
今度は、満月と建設中の神戸電鉄三木駅。

こちらもなかなかの構図です。
朝と夜の神戸電鉄三木駅。
1日でおさめることが出来て、今日は、なんだかついてるなー。
て、もう、寝るだけやん(笑)

関連記事 読み込み中...

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。