三木スケートボードパーク再整備か


新聞チックな見出しを付けましたが、昨日の神戸新聞朝刊(三木北播版)で、三木市が、三木スケートボードパークについて、再整備や運営について考えるワーキンググループを発足させた旨、掲載されていたものを受けてのタイトルです。

9月、さるとるの三木てくてくマップでも、取り上げさせていただいた同パーク。

東京五輪で男女計5人がメダルに輝くなど競技への注目度が一気にあがり、こちらのパーク利用の登録者も急上昇したということでした。

三木スケートボードパークは、2005年4月に開場しておりますが、全体の敷地面積1800平方メートルのうち880平方メートルは未整備のままとのことです。

未整備にもかかわらず、全国的に注目を集め、わざわざここを目指して愛好者がやってくるのか?

それが、写真のフルパイプ。
これは全国各地の施設にはないということなんですね。

今後、ワーキンググループで、施設整備だけでなく、無料開放が有料になるのかなども話し合われるもようです。注目ですね。

関連記事 読み込み中...

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。