冬真っ盛りなのに、立春って??


朝から、目から鱗(うろこ)でした。

四季それぞれのスタートの日は、四季(春夏秋冬)それぞれの前に「立」と書いた「立春」「立夏」「立秋」「立冬」です。

で、この「立春」「立夏」「立秋」「立冬」はどうやって決まってるのかということなんですが、日本の色々なものが中国から入ってきて定着しているとおり、「二十四節季」が元になっている「四季」もご多分に漏れず。

さて、「四季」ですが、「夏至」と「冬至」をそれぞれの季節の中心点として決まったそうです。

「夏至」は昼の時間が最も長く、6月22日頃、「冬至」は逆に昼の時間が最も短い日で、12月22日頃です。

これを季節の中心点として、4つの季節に分割すると、立春は2月4日(頃)になるということです。

今日は「立春」。
春のはじまりの日。

タイトルのとおり「冬真っ盛りなのに、なぜ、立春??」って思った方は僕だけではないと思いますが、元々、中国から入ってきた暦であるということもあって、季節のずれもありますし、「夏至」「冬至」を基本に決めているということですから、気温を元にした季節感とずれが生じるのもうなずけますね。

昨日は、節分でしたが、そもそも「節分」とは、季節の分かれ目ということで四季のある日本では、年に4回ありましたが、春は、ほかの季節とは違い、立春は現代でいう元日、節分は大晦日に当たるため、季節だけではなく、年も改まるとのこと。
このため2月の節分は年越しの行事として、特に大々的な行事となり、「節分」といえば春の「節分」となったようです。

写真は、昨日の恵方巻きをかぶる様子です。
節分に恵方巻きを食べる理由は、昨日の記事をご参考ください。

関連記事: 伝統行事

  • 2/4 三木市の無形民俗文化財 迫力満点の蓮花寺の鬼踊り 伝統行事 (18'1/23)

     三木市で行われる「鬼」行事といえば、月輪寺、大宮八幡宮の神仏混合で行われる「三木鬼追い式」(1/21)につづき、鬼が本堂内でたいまつを振り回し、火のついた木片を参拝者に投げる「鬼踊り」が2月4日、兵庫県三木市口吉川町の蓮花寺で行われます。木片は、厄よけにご利益があるとされており、参拝者たちで賑わいます。  旧暦の正月....
    もっと見る

  • 2019年の恵方は東北東 節分て何?なぜ巻き寿司を丸かぶり? 伝統行事 (19'2/1)

    「節分」とは、「季節」を「分ける」という意味で、立春、立夏、立秋、立冬の「前日」のことをいうのだそうですが、特に立春が一年の初めとさることから、春の節分が最も重要視されており、単に「節分」といえば、春の節分を指すものとなっております。 立春を新年(元日)と考えると、「節分」は大晦日に相当します。 そのため、「節分」には....
    もっと見る

  • 鬼を射た!~御弓神事の思い出(2008年)~ 伝統行事 (20'2/7)

    2月11日(火)、御坂神社(志染町御坂)で御弓神事が行われます。 もうずいぶんと昔になりますが、2008年、僕も出させていただきました。 そのときのブログ記事が残ってます。 その頃はまだ、写真を貼るという意識がなく、文字のみのブログなんですが、当時の写真ないかな~と思って、「御弓神事 御坂神社」で検索すると、出てきまし....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景