ma&ma 「まんま」と読みます よろしくね

昨日は、こども発達支援センターにじいろさん主催の「みんなで音を楽しもう」に呼んでいただき、「バッタくんのおくりもの」をお届けしてまいりました。

バッタくんコンサートとは違って「にじいろ」のスタッフさんや「そいる」さんがそれぞれ「音」に関することで集まってのコンサートでとっても楽しかったです。

とてもはじめて顔を合わせる面々がやったコンサートとは思えないくらいの面白いコンサートだったと思います。

ムジカドルチェのピアノの藤田さんは、企画から携わっておられたと知り、幅広い活動に、改めてリスペクトしました。

冒頭の写真は、「バッタくんのおくりもの」からの「勇気100%」です。


にじいろの新井先生からこのコンサートについておはなしを聞かせていただいたとき、「『バッタくんのおくりもの』の絵本貸して~。」から始まりました。
「どしたん。」と聞くとかくかくしかじかで~とおっしゃって、絵本読むだけに、来てもらうのは悪いと「貸して~」となったそうで、「何をそんなみずくさいこというんですか~」といって、読ませてもらうことにしたんです。

で、せっかくやからと多分藤田さんの計らいで最後に1曲歌わせてもらうことになって、「勇気100%」も歌えたというわけです。

確かに、絵本だけやったので、プロジェクトメンバーこぞっていくのははばかって、僕とかみ(神)さんで行くことにしたんですが、(写真を撮ってくれてたので、かみさんの写真はありませんが)かみ(神)さんもこの活動にだんだんと乗り気になってきてくれたようで、元来、歌好きですので、歌も歌いたくなってるようです。

てことで、歌う前から、ユニット名を考えたのが今日のタイトルです(笑)

僕たち二人の名前をローマ字表記したらmasaruとmakiになるんですが、「ma」がかぶるので、「ma&ma」にしました。

maとmaを繋ぐ&は「n(ん)」と発音して読みかたは「まんま」です。

発音記号でいうと前のmaのaの上にアクセントがあります。

「ママ」のように優しく、「(お)まんま(ごはん)」のように甘くて、味がある、そして「間」のよい2人でありたいと思って名付けたユニット名です。

さて、ma&maのデビューはいつになるでしょう。
てか、何歌うんやろ(笑)
2人の活動は、当分は絵本を読むことかな。


昨日は午前と午後の2回公演やったんですが、お昼休憩で近くの喫茶店「喫茶Y」へ。
かみ(神)さんが頼んだアイスコーヒー。
グラスが斜め。で斜めだとわかるように撮ったのが下の写真。
我ながら楽しそうだな。


夜は、三木市若手アーティスト応援団の総会その後食事会からのカラオケ。
朝から晩まで歌いまくりのさるとるなのでした(笑)


今日は、久しぶりににこいちを楽しみます。

関連記事: ma&ma, 絵本制作PJ

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景