NPO法人そいるのクラウドファンディング挑戦を応援します!

昨日放送のさるとる情報局でもお知らせをしたNPO法人そいるのクラウドファンディングに関する詳報です。

This is MIKIの応援団体にNPO法人そいるがあります。
こちらは、三木市で障がいのあるお子さんや発達に心配のあるお子さんとそのご家族のサポートができればと作業療法士の田中啓規さんと保育士の亜希子さんご夫妻が立ち上げられた団体です。

そいるでは、毎月1回土曜日にお子さんと一緒に遊びながら、お子さんや子育てについて気になることがあればご相談もいただける場として「あそびの広場」という事業を実施しています。

田中さんに聞きました。

“あるお子さんは歩くことが不安定で、ご家族もそのことを心配されていました。ご家族は不安を抱えつつも、何をすればいいかと悩んでおられました。相談する機会があることで、明日からのお子さんの生活が今よりもう少し楽しいものになるかもしれないのです。
ちょっと気になった時に相談する。たったこれだけのことが難しい現状があります。”

必要な支援を、必要な時に、身近な場所で受けられるようにしたい!

これが田中さんの願いです。

そんな現状を踏まえ、現在、そいるでは、事業所の開設に向けて動いています。
そして、支援のための遊具や設備についてクラウドファンディングにかけられるそうです。

7月1日からクラウドファンディングがスタートします。
田中さんから、相談をいただき、その準備のお手伝いをさせていただくこととなりました。

僕の方では、クラウドファンディングのリターン品等のご協力の呼びかけをさせていただきます。

会員、非会員にかかわらず、ご協力くださるかたがありましたら、どうぞご一報お願いします。

電話番号 090-6915-3869 森田優
メール thisismiki20140111@gmail.com

ちなみになんですが、

エフエムみっきぃで発達しょうがいについて考える番組「頑張る!発達レインボー」のパーソナリティであるぶどう農家のバレリーナ司会者である表恵美子さんに相談したところ、リターン品としてぶどうを提供くださることとなりました。

This is MIKIからは、会員証。それから、バッタくんプロジェクトから絵本「バッタくんのおくりもの」と「バッタくんコンサート」をご提供したいと考えています。

今後、会員さんを中心にまわらせていただきますので、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景