ムジカドルチェ きらきら☆バッタくんコンサート(お礼)


本日は、「ムジカドルチェ きらきら☆バッタくんコンサート」にお越しくださりありがとうございました。三木山森林公園音楽ホールは、写真のとおり超満席でした。

今回のコンサートは、三木みどりロータリークラブ社会奉仕委員会の事業として三木みどりロータリークラブ主催で開催していただきました。

ムジカドルチェの活動を応援し、その活動精神になぞらえた創作絵本と音楽のコンサートは、「繋がり」づくりをコンセプトに、市内外で行わさせていただいております。

そのコンサートは創作絵本「バッタくのおくりもの」になぞらえて、「バッタくんコンサート」と呼んでおりますがが、今回、この活動に共感をいただき、三木山森林公園音楽ホールという素晴らしい舞台をご用意くださったこと心より感謝申し上げます。

今日のプログラムは演奏あり、歌あり、遊びあり、絵本の朗読あり、合唱あり、また講演ありと盛りだくさんでした。

私たちがこのコンサートを開催している原点は、ムジカドルチェの活動の根底に流れる「優しさ」にあります。

今日、藤田さんの講話に多くの方が感動し、優しい気持ちになったのと同様、我々もまた、その活動に感動を覚え、より多くの方々とこの思いを共有できればと「繋がり」というキーワードの下でこのバッタくんコンサートを開催しています。

本日のコンサートにて「繋がり」作りをカタチにしようと取り組んだのが、「一日限りの合唱団」でした。
一部ではありますが、小学校をまわり、校長先生と「気持ち」を共有し、音楽の先生のご協力を取り付け、小学生を中心に集まった総勢60名の合唱団による言葉を超えたハーモニー3曲(Believe、いのちの歌、花は咲く)に目頭を押さえました。


「そいる」の遊びと音楽のプログラムや三木高校放送部による朗読、身内をほめるのはどうかと思いますが、どれもこれもが最高だったと自負しています。

コンサート終了後、本日より販売開始の「バッタくんのおくりもの」が多くの皆様の手にお届けできました。
今後もより多くの方々の手にとっていただきこの「優しいきもち」の輪を広げていけたらと思っています。

多くの皆様方に支えていただき、このコンサートが成り立ってることに改めて感謝申し上げます。

本日は、本当にありがとうございました。

関連記事: 絵本制作PJ

  • 「バッタくんのおくりもの」に強力なサポーター 三木高校放送部 絵本制作PJ (18'5/17)

    昨年、ピアノとチェロのデュオグループ「ムジカドルチェ」の音楽活動10周年を記念して始まった絵本制作プロジェクトですが、ムジカドルチェの活動精神になぞらえつつも広くたくさんの方々に読んでもらおうと虫やイネを主人公にした創作童話としました。タイトルは「バッタくんのおくりもの」。 この絵本は、今年、三木社協にて初の試み「共感....
    もっと見る

  • バッタくんのおくりもの 11/24に向けて 絵本制作PJ (18'9/29)

    11/24(土)、ムジカドルチェ10周年記念 絵本制作プロジェクト(通称「バッタくんプロジェクト」)による絵本完成披露会を開催します。 色々と趣向を凝らした披露会を企画しています。 そのひとつが、井本座長はじめプロジェクトメンバーが持っている写真の横一文字。 書いたのは、ピアノの藤田さんの息子さん。 なんとも味のある「....
    もっと見る

  • ムジカドルチェ 10周年絵本 感動 涙する人も  絵本制作PJ (17'11/24)

    平成19年に結成し、今年、10周年を迎えるムジカドルチェのコンサートが23日山田錦の館で行われた。お祝いに駆け付けたファンら150人とともに心温まるひと時を過ごした。 ムジカドルチェは、ピアノとチェロのデュオグループで、ピアノを藤田紀子さん、チェロを小賀野祐子さんが担当し、三木を中心に北播磨や神戸で演奏活動を行ってきた....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景