MIKIフェス2018 ありがとうございました (アルバム)

さる10月28日(日)、秋晴れの下、第1回This is MIKIミュージックフェスティバル(MIKIフェス)を開催いたしました。
道の駅みきにて秋の感謝祭が開催されているところでの企画ですので、元々、お客様が大勢おられる想定はありましたが、10時を過ぎた頃には、早々に、第2駐車場への誘導がはじまりました。
MIKIフェスの特設ステージ周辺には、いつもお客様がいっぱいという状態でどの時間帯も盛況。

改めて、音楽の力を感じました。

今回MIKIフェス実行委員として名前を連ねていただいた、TOUMAさん、信政誠さん、松田礼央さんの3人をはじめ、今回、参加してくださった濵田美里さん、くまごろうさん、森口英彦さん、FucchiE(フッチー)さん、松中啓憲さん、Rinanaさん、にこいちさん、畠奈津子さん、STAYGさん(※出演順)また、オープンマイクに参加してくださった今村モータースさん、浅羽由紀さんに心から感謝申し上げます。 

また、フェスの中で、高校生バンド大会・MIKIワンちゃんピオン大会を行い、三木高校3グループ、三木東高校2グループが参加。初代MIKIワンちゃんピオンには、三木高校「蚊がブ~ン2」が勝ち取りました。おめでとうございます。参加してくれた5グループの皆さん、ありがとうございました。

三木高校音楽部は、オープンマイクでも大いに盛り上げてくれました。暑い夏を一緒に過ごしたこと、忘れません!!本当にありがとう!!

 高校といえば、吉川高校書道部を忘れてはいけません。書道パフォーマンスにより書いてもらった「がんばろう日本!!」を当日ステージに掲げさせてもらいご披露させていただきました。
 時折吹く風により、最初から最後まで掲げておくことは出来なかったけれど、気持ちの後押しをもらいました。ありがとうございました!!

今回のフェス開催は、10/28道の駅みきだけでなく、8月から3回のオープンマイクを重ねてPRしての開催でした。
道の駅みきだけでなく、三木ホースランドパーク、山田錦の郷にも感謝申し上げます。

また、フェスを通してまち全体を盛り上げようとクーポン提供に賛同してくださった、三木市内を中心とした50の店舗様にも感謝申し上げます。

そして、㈱パナホーム兵庫様にはチラシをはじめ、会場設営や運営などご協力いただき本当にありがとうございました。

最後になりましたが、オープンマイクも含めて、MIKIフェスを盛り上げてくださったアーティストのファンをはじめお客様方、本当にありがとうございました!!

そんなにぎやかな様子をアルバムにしましたので、ご覧ください。

なお、今回集まった募金の総額は、45473円。内Tシャツの販売募金は26000円でした。多くの皆様方からのご協力に感謝申し上げます。

関連記事: MIKIフェス

  • 様々な角度から三木市の地域の活性化に取り組んでいます! MIKIフェス (18'12/31)

    今朝の神戸新聞朝刊(三木版)に12/28山田錦の郷にて三木たけとり物語委員会が行った門松飾りの様子を掲載いただきました。 12月は、12/16、イオン三木店にて開催した「サンタクロースみーつけた!」(12/21神戸新聞朝刊三木版掲載) 12/20の「バッタくんのおくりもの」の絵本寄贈(12/23神戸新聞朝刊三木版掲載)....
    もっと見る

  • MIKIフェス出演者の横顔(8)森口英彦 MIKIフェス (18'7/16)

    森口英彦(もりぐちひでひこ) NHK大阪「あほやねん!すきやねん!」番組コーナー「関西まるごとご当地ソング化計画!!」音楽担当として1年間出演。現在、大阪・神戸を中心に弾き語りスタイルでライブハウスに出演している。拠点ライブハウスは、大阪「南堀江Knave」。夢・・・大阪城ホール単独公演!!!三木市吉川町出身。三木市若....
    もっと見る

  • MIKIフェスの楽しみ方 MIKIフェス (18'8/3)

    MIKIフェスは、10/28(日)「道の駅みき・秋の感謝祭」をメインイベントとして、そこに出演するアーティストが、8/12(日)三木ホースランドパーク、9/16(日)山田錦の郷(山田錦の館・よかたん温泉)、10/14(日)道の駅みきの「オープンマイク」という青空ミニライブに持ち回りで出演してPRし、音楽で三木を盛り上げ....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景