さるとるのワンダフルハウスvol.6(ゲスト:森口英彦さん)

あめにてぃ倶楽部・三木(パナソニックホームズ三木展示場)を舞台に、地元
コミュニティラジオ・エフエムみっきぃでもパーソナリティーを務める[さるとる]ことThis is MIKI理事長の森田優が、様々な分野のお客様をお招きしてインタビューをし、その様子をこちらで紹介していくというものです。

9月14日(金)お越しいただいたのは、三木市吉川町出身、三木市若手アーティスト応援団推薦アーティストの森口英彦さん。
大阪南堀江にあるライブハウスKnaveを拠点に活動しています。
レーサーだった父親の影響でレーサーになることを夢見ていた少年時代。
17歳のときにその夢をあきらめ、挫折感を味わって、友人に誘われて行った馬場俊英さんの大阪城ホールでのコンサートに感動。それまで、趣味程度で行っていたギターだったが本格的に始めようと音楽の専門学校へと進学。
音楽の専門学校時代に、NHK「あほやねん好きやねん」の音楽担当になることに。

さるとる 「『あほやねん好きやねん』に出るきっかけってなんやったの。」

森口英彦 「『あほやねん好きやねん』って、毎週、写真担当とどこかに出かけて、そこで出会った方々にインタビューしたり、風景を見て、写真担当は、写真で紹介して、歌担当は、即興で歌を作って歌うという番組なんですね。で、制作グループが、即興で音楽を作れる者を大学や専門学校に紹介依頼を出して探してたんですよ。」

さるとる 「それで推薦されたの。」

森口 「いや違うんです。これ、すごい偶然なんですけど、その番組制作者の一人が僕の学校に訪問に来た時、ちょうど、僕と一緒にエレベーター(が上から下に降りてくるの)を待ってたんですね。で、僕が、エレベーターがなかなか降りてこないな~っていうのを即興で歌ってたんですよ。そしたらその方が、面白い歌ですね。どなたの歌ですか?って尋ねられ、いえ、今、僕が即興で作りました。っていうと。え~。。となったんですよ。」

さるとる 「その人が番組製作者と知らずに。」

森口 「そうなんです。知らずに。すごい偶然でしょ。即興で歌を作る人を探してるところに僕が歌ってたもんだから、あー、おった!!となったわけなんですね。」

さるとる 「すごいやん。」

森口 「はい。で、その方が、校長先生に話をされ、その後、校長室に呼ばれ、その方もおられて、また、お題を出されて、1分時間をもらって作詞作曲するということをやったんですが、自分ではうまくいかなかったと思ったんですが、選ばれたんですよ。」

さるとる 「すごい運やね。で、番組ではどうやったの。」

森口 「即興で作らないといけませんからね。1年間。なかなか過酷でしたよ(笑)でも、この経験は、かなりいい経験になりました。」

さるとる 「現在はライブハウスKnaveを拠点に音楽活動をやってるということですが、Knaveでの活動のきっかけはなんやったの?」

森口 「ノックです。」

さるとる 「ノック??」

森口 「ミュージシャンになるにはどうしたらええんやろう?って考えてたんですが、皆さんライブハウスで演奏活動をしているよなと思い、どうしたらそのライブハウスで歌えるようになるんやろう・・・とかいろいろと考えてたんですが、もう、考えててもしょうがないと思い、ネットで検索して、ライブハウスでヒットしたのがKnaveやったので、よし、ここにしようと思い、飛び込んだんです。」

さるとる 「履歴書じゃないけど、自分の作った歌とか事前におくって聞いてもらって、連絡するとかじゃないの?」

森口 「ノックして、入って、社長さんにであって、そういわれました(笑) でも、これが、聴いてくれたんですよ。何も知らん奴やな~と思って、ちょっと面白いかもって思ってくれたんですかね。」

さるとる 「これまた、すごいやん。」

森口 「そうなんですよ。歌もその時、歌ったんですが、結構、ほめていただきました。で、ライブハウスで歌わせてくれることになったんです。あと、他のところでもオファーがあれば、歌わせてくれたりしてます。育てていただいてる感じで、2か月に1回は行くんですけど、注意されたことが出来なかったら、「舞台にあがらんでいい!」と叱咤が飛びます。逆に、できたら、本当に喜んでくださって、すごくほめてくれるんです。」

さるとる 「飴と鞭なんかな~」

森口 「僕にとって本当にありがたい存在です。」

さるとる 「森口くんは、なんかもってるね。」

森口 「そんな気がします(笑) 昨年、三木市若手アーティスト応援団の推薦アーティストに選んでいただいて、地元のイベントや森田さんづたいに声をかけていただいたり。あと、三木市若手アーティスト応援団のラジオ番組でパーソナリティをさせていただくことにもなりましたし。」

さるとる 「いや~、ほんますごいね。」「10/28にはMIKIフェスがあります。そのプレイベントとして、9/16、森口くんの超地元の山田錦の郷でオープンマイクがあるわけですよね。MIKIフェスは三木の冠はついてるけど、三木市出身のアーティストは森口くんだけやもんね。是非、頑張ってほしいなと思っています。」

森口 「はい。頑張ります。」

ということで、森口英彦さんによるPRの様子です。素敵な歌声も聴かせていただきました。

関連記事: さるとるのワンダフルハウス

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景