祝 みなぎ台小学校20周年 ムジカドルチェ、バッタくんコンサートでお祝い


6/23(土)、みなぎ台小学校20周年記念式典が行われました。記念式典終了後にコンサートが企画され、This is MIKIが応援しているピアノとチェロのデュオグループ「ムジカドルチェ」が、カホン、ヴォーカルとの4人編成で出演しました。

コンサートでは、子どもたちの合唱とのセッションもあって、会場全体が優しい雰囲気に包まれ、来賓、保護者、先生が、共に、心あたたまる時間を過ごしました。

コンサートの終盤、昨年ムジカドルチェ10周年を記念して結成した絵本制作プロジェクトによる創作絵本「バッタくんのおくりもの」がプロジェクトメンバーの大熊みどりさん読み手、ムジカドルチェBGMによりおおくりさせてもらいました。

「バッタくんのおくりもの」は、「ムジカドルチェ」の「音楽を聴きに外に出ることが出来ない方のもとにこそ音楽を届ける」という活動精神になぞらえて作ったものです。

バッタになってしまった主人公のゆうまくんが自分の楽器と出会い、音楽会を楽しみにしているイネコチャンに聴かせたくて仕方がない。ところが、あんなに音楽会を楽しみにしていたのに、黒い病になってしまい、イネコちゃんは音楽会に来れなくなってしまいました。バッタくんたちは、イネコちゃんの下へ音楽を届けに行きます。

黒い病のせいで演奏を聴くことが出来ないというイネコちゃんに、バッタくんたちは「大丈夫」「僕たちが一生懸命に演奏するから」と思いを込めて演奏すると、・・・虫たちの思いを受けたイネコちゃん。体についた黒色のすすがとれて、金色に輝き出して、それは自分だけでなく、他の稲たちにも伝わって、あたり一面キラキラの野原が広がっていきます。

子どもたちとの「いのちの歌」の合唱で終えました。

これまで機会が合わず、コンサートに来れなかった、絵を手がけた長谷川由香里さんは、「バッタくんのおくりもの」が披露される様子に感慨深げでした。

最後になりましたが、みなぎ台小学校20周年おめでとうございます。このような素晴らしい機会に呼んでいただき、ありがとうございました。
「Believe」「いのちの歌」の子どもたちの全員による合唱がとても素晴らしく、感動しました。Believe in future ! 未来を信じて!前途洋々、子どもたちが素晴らしい未来を歩いてくれますように!

おまけ
この日、絵本制作PJのメンバーは、おそろいのおニューのTシャツで臨みました。

関連記事: さるとるが行ってきました, 絵本制作PJ

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景