三木高校吹奏楽部 北播磨総合医療センターにて クリスマス・アンサンブルコンサート

21日(木)、北播磨総合医療センターにて三木高校吹奏楽部によるクリスマス・アンサンブル・フロアーコンサートが行われ、集まった入院患者さんらを楽しませました。

北播磨総合医療センター創立以来、毎年、クリスマスに合わせて、三木高校吹奏楽部によるコンサートが開かれています。この日、出演したメンバーは、吹奏楽部1・2年生35名の内28名。

クリスマスということで、赤・白のサンタクロースの帽子やコスチューム、トナカイの被り物、カチューシャなどを身に着けて演奏。

5・6・7階の各階で、サックス、クラリネット、チューバ、オーボエ・コントラバス、ホルン、トランペット・トロンボーン、パーカッションの各パートが順番に、クリスマスソングや懐メロの演奏、「上を向いて歩こう」などみんなで歌える楽曲を演奏しました。

コンサートに参加した入院患者さん等は、演奏に合わせて手拍子をするなどして、楽しんでいる様子でした。

三木高校吹奏楽部の部長、橋本桃香さんにコンサートの感想を聞かせてもらいました。

「患者さんたちが、(音楽を聴いて)笑顔になって楽しんでもらえるように、練習の時には、どうやったら喜んでもらえるかな~と話し合って、今日を迎えました。手拍子をしてもらったり、歌ってくれたりして、うれしかったです。発表できる場を与えてもらってホントにありがとうございました。」

生徒たちの心優しい気持ちのこもった演奏を聴かせてもらって、僕もまたほっこりとした気持ちになりました。

三木高校吹奏楽部は、東播アンサンブルコンクールを明後日に控えています。
コンクールでは、フルートパートとサックスパートが出場します。

目指せ「金賞」!県大会目指して頑張ってください!!

以下、クリスマスコンサートの様子です。

関連記事 読み込み中...

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。