ようしょうさんのあったか祭

誰がよんだかようしょうさん
吉川をようしょう ようしょうさん
五穀豊穣お祝いしての
さ~みんなで感謝祭

「ようしょうさん」は、「ようしょう会」をお守りする農業の神様(という設定)です。
「ようしょう会」とは、山田錦の館(吉川町)で野菜の直売所を運営する地元農家の団体で、名前の「ようしょう」は、吉川を「ようしょう(よくしよう)」というところからきています。

毎年、この時期にようしょう会主催で、「あったか祭」が開催されているのですが、このあったか祭名物に「ようしょうさん鍋」があります。
「ようしょうさん鍋」とは、楽しいことが大好きな「ようしょうさん」が、天から「あったか祭」の様子を見ていて、楽しくなって降りてきたのですが、その際、野菜で作られている自分に魂を注入し、その野菜で鍋を作れば風も引かず、元気な体で寒い冬を超すことが出来るということで生まれた鍋で、以来、「ようしょうさん鍋」としてこの時期にお目見えする名物料理です。

ようしょうさん鍋誕生物語がありますので、お時間ありましたらご覧ください。

あったか祭は、本日(10日)朝9時30分~15時まで行われます。
また、同日開催で、よかわウォーキング大会も行われます。申込不要ですので、ご参加ください。

関連記事 読み込み中...

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。