【さるとるの三木てくてくマップ】竹中半兵衛の墓


10月前半のさるとるの三木てくてくマップは、三木市平井にある竹中半兵衛の墓と三木合戦本陣跡を訪れました。
お相手くださったのは、三木市「市史編纂室」の廣井愛邦さんです。
何ゆえに竹中半兵衛の墓がこの地にあるのかということもそうなんですが、
平成25年に三木城跡と付城跡・土塁といった三木合戦にまつわる遺跡群が国指定史跡として指定を受けた背景についても教えていただきました。

三木合戦とは、天正6年(1578)3月から天正8年(1580)1月にかけて行われた三木城主別所長治と織田信長の命を受けた羽柴秀吉との間で繰り広げられた戦いをいいます。
この戦で秀吉が用いた戦法が「干し殺し」といい、長治の居城である三木城を包囲した兵糧攻めがとられました。
この「干し殺し」の策を進言したのが竹中半兵衛とも言われています。
半兵衛はこの策により、血を流さない戦をを実現しようとしたと考えられています。
ご存知のとおり病に伏していた半兵衛は、京都で療養していました。
己の命が短いことを悟っていたからでしょうか。
武士として、戦場(いくさば)で生涯を終えたい、三木で人生の幕引きをと、秀吉の反対を押しきって、三木に来たということです。

写真の墓標、正面ではなく右前方に向いているのは、この方向に三木城があり、死してなお、三木城に睨みをきかすためとか。

竹中半兵衛の墓から、もう少し行くと、三木合戦でここから秀吉が陣頭指揮を執ったとされる本陣跡があります。

三木城がよく見え、また、毛利水軍の援軍に備え瀬戸内海をも観ることが出来るこの地に本陣を構えたのだろうということです。

ところで、国指定史跡を受けた付城や土塁とはなんなのかというと、僕が理解したイメージでいうと、三木城を取り囲む上での拠点施設が「付城」で付城間(約2Km)を繋ぐ障害施設が「土塁」です。

「干し殺し」の策は、この「付城」と「土塁」による三木城包囲網という壮大なスケールによる兵糧攻めだったいえます。

取材日、半兵衛の墓と本陣跡に大阪からの観光客の姿がありました。

「三木の干し殺しは、NHK大河ドラマでも取り上げられているが、あまりに凄惨なためか、内容が薄いように思う。」と三木にお越しになられたということです。

市史編纂室の廣井さん、いろいろとお話をお聞かせくださりありがとうございました!

関連記事: 三木てくてくマップ

  • 【さるとるの三木てくてくマップ】三木山総合体育館 三木てくてくマップ (21'10/16)

    10月後半のさるとるのみきてくてくマップは、「三木山総合体育館」です。 8月前半に三木山プールを訪れた際の放送で、近いうちに体育館の方にもお邪魔する旨お伝えし「よろしくお願いします」と一言だけご出演いただいた松澤さんにがっつりとお話をうかがいました。 (参考8/3放送三木山プール) まずはアリーナ。 バスケットボールコ....
    もっと見る

  • 8月前半のてくてくマップは伽耶院 三木てくてくマップ (20'8/1)

    8月前半の「さるとるの三木てくてくマップ」は、三木市志染町大谷にあります伽耶院です。 8月23日、伽耶院で地蔵盆に合わせて、夏の恒例行事「万灯会」が行われます。 上の写真のとおり、境内いっぱいに600個の手作り灯籠が並びます。 また、阪神淡路大震災の追悼供養として、2日で6000本のろうそくが献灯されます。 今では、す....
    もっと見る

  • 市内全域に咲き誇る平戸ツツジ 三木てくてくマップ (21'4/27)

    4月後半のさるとるの三木てくてくマップはこの時季、三木市内の沿道で、ひときわ、彩を放つ平戸ツツジを取り上げました。 通常は、名所や景勝地を取り上げ、インタビューを通して、その場所を知ってもらうという番組スタイルなんですが、今回は、まーちゃんとドライブをしている様子をお届けしました。 三木市の経済成長に応じて市内のアクセ....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景