三木市にある循環型施設 エコファーム

6月前半の「さるとるの三木てくてくマップ」は、三木市細川町瑞穂にある環境共生型農園「エコファーム」でした。

〒673-0701 三木市細川町瑞穂2328-1
電話 0794-88-3366

東にあと少し車を走らせればもう神戸市というそんな場所に「エコファーム」はあります。

「エコファーム」の前に環境共生型農園とついているのですが、では、これは一体どういうものなのなんでしょうか?

生活協同組合コープこうべ>エコファーム

概略すると、コープこうべの店舗から発生する野菜、肉、魚の加工くずを堆肥にし、その堆肥で土づくりを行って、野菜を育て、また店舗で供給するという食の循環をコンセプトにした農園ということになります。

設立は1998年。かれこれ、四半世紀(25年)近く経とうとしていますが、今に通じる考えがすでにこの時代に事業化されていたというのだから驚きです。

エコファームは、「コープ土づくりセンター」と「みずほ協同農園」を総称しています。

「コープ土づくりセンター」では、堆肥の生産が行われます。
コープこうべの店舗から発生する野菜、肉、魚の加工くずを回収してここで堆肥を生産するそうです。

「みずほ協同農園」では、野菜の生産から出荷までが行われます。
「コープ土づくりセンター」でできた堆肥は「有限会社 みずほ協同農園」が買い取り、13haの農地の土づくりを行って、無農薬・減農薬にて野菜が生産され、コープこうべに出荷することになっています。

この循環の取り組みが「エコファーム」です。

すごいでしょ。

こちらは太陽光パネルの下で育てている玉ねぎ。エネルギー×農業という新たな取り組みも行われています。

また、消費者が1年間農地を利用して農作物の収穫をする「体験農園」もあります。
現在80を超える区画で体験されているとお聞きしました。

今は、コロナ禍にあって、なかなか開講できないけど、野菜作りを学んだり、地域で取れた農作物を利用した食べ物作りなどの「エコファーム講座」も開講されているそうです。

2002年度からは、植付けと収穫を体験する「マイファーム」も行っていて、大人気のプログラムになっているとのことでした。

今回、お相手くださったのは、㈲みずほ協同農園代表取締役社長の水島宏幸さん。
お忙しいところ、車で回りながら、色々と教えていただきありがとうございました。

関連記事: 三木てくてくマップ

  • 旧玉置家所蔵のお雛様 三木てくてくマップ (21'3/12)

    3月後半のさるとるの三木てくてくマップの訪問先は、旧玉置家住宅です。 緊急事態宣言下、旧玉置家住宅は閉館。 例年2~3月にかけてお雛祭りが企画されているためお雛様の展示準備は行ったものの、緊急事態宣言発令のためこの間は披露できませんでしたが、3月7日が期限となっていたため、解除後、期間を延長してお雛祭りを開催しようと、....
    もっと見る

  • 三木市総合保健福祉センターでコロナについてうかがいました 三木てくてくマップ (20'12/11)

    新型コロナウイルスの感染拡大が続いており第3波と言われています。 12月後半のさるとるの三木てくてくマップは、三木市総合保健福祉センターを訪ね、冬場のコロナウイルス対策について、教えていただきました。 お相手くださったのは、保健師の渋谷敦子さんと深谷智美さん。 前半は、改めてではありますが、新型コロナウイルスについて教....
    もっと見る

  • 【三木てくてくマップvol1】 御坂神社 三木てくてくマップ (20'4/29)

    5月からエフエムみっきぃにて三木市観光協会提供によります新番組がスタートします! その名も『さるとるの三木てくてくマップ』。 わたくし『さるとる』が、三木市内の各所を訪れ、アシスタントのまーちゃんと一緒にリポートをお届けする番組です。 その場所にまつわる方々にお話をお聞かせていただいて、その場所をより身近に感じていただ....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景