【お料理レシピ】かじや鍋

タコとナスの入った「かじや鍋」

鍛冶屋さんが金物を作っている残り火に鉄板を載せ、タコとナスを家々の味付けで作った「かじや鍋」。金物のまち三木ならではの郷土料理です。

なぜタコとナスが具材なのかというと、昔は家々に行商で魚屋が売りにきていて(家内工業で家族が忙しく買い物にいけなかった背景があります)、その時に元気なタコが手に入ったこと。ナスは家の畑で作っていたので、手軽に料理ができたからだそうです。

ナスは熱くなった体を冷やす効果もあり、暑い夏場にオススメの一品です。小さなお子さんも食べられますよ。


材料(4人分)

  • タコ(半匹
  • ナス(4本)

★割りした

  • しょうゆ(100cc)
  • 水(100cc)
  • みりん(150cc)
  • 砂糖(大さじ4〜5)

作り方

  1.  タコを一口大に切る。
    (生タコを使った場合はゆで汁を水の代わりに使う)
  2. ナスはざく切り。
  3. 割りした(★)が煮立ったところに①②を入れ、
    中火でコトコト煮る。

三木市いずみ会
地域で食生活改善活動をすすめるボランティア団体
(三木市食生活改善推進員協議会)

関連記事: お料理レシピ

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景