【ひろば紹介】NPO法人そいる

お子さんと一緒にあそびながら
気軽に相談できる広場

 

NPO法人そいるでは、作業療法士と保育士さんが発育や発達の気になるお子さんや、障がいのあるお子さんとそのご家族へのサポートをしています。“そいる”の活動について、詳しく教えていただきました。


 Q:活動内容は?

お子さんの発達について、あそびながら気軽に相談できる場として、「あそびの広場」とお子さんの発達などに関する学習会「まなびの広場」を開催しています。また、通所支援事業所「るーと」の運営をしており、就学前のお子さんへの集団療育や就学後のお子さんの個別療育を実施しています。今年度より、LINEやメールで運動発達(寝返りやお座り、ハイハイ、歩くこと、など)について相談できる窓口「そいるーむ」を開設しました。


 Q:どんなことができるの?

お子さんの発達の支援に携わってきた作業療法士と保育士で活動しています。発達に関するご相談や学習会の講師などに対応することができます。


 Q:活動で大事にしていることは?

私たちは、障害のあるなしに関わらず三木市がより子育てしやすい町になればという思いで活動しています。ちょっとしたことでも気軽に相談してお子さんの成長につなげることのできる場でありたいと考えています。


 Q:子育て中の方へのメッセージ

子育てをしていると色々な不安や心配ごともあるかと思います。子育ての中で発達のことなど気になることや心配なことがあれば、どんなに小さなことでもお気軽にご相談ください。お子さんの成長につながるように、お子さんとの関わり方やあそびなどを一緒に考えていければと思います。

 [かるがも編集局より]

“そいる”の広場では作業療法士の視点で、家でもできる遊びの提案やお子さんとの関わり方などを教えてもらえます。かるがも通信のコラムでも“そいる”の田中さんが「子どもたちが楽しく成長・発達していくためのヒント」を書いてくださっていますよ。そちらも是非チェックしてみてくださいね。


開催日:

あそびの広場:月1回 土曜日 10:00〜12:00
まなびの広場:年2回
場所:ハートフルプラザ、保健センター、など三木市の公共施設
対象:お子さんの発達のことで気になることがあればどなたでも
申込:メール・電話
※新型コロナウイルスへの対応として個別相談を実施している為
問合せ先:TEL:0794-70-8364

e-mail:soil.miki.2018@gmail.com
HP・ブログ:

※最新の情報はお問合せの上ご確認ください。

関連記事: 団体紹介

  • 【団体紹介】三木市いずみ会 団体紹介 (21'8/22)

    食を通した健康づくり 三木市いずみ会は、昭和55年に発足しました。 食生活改善推進員は、現在、全国で約13万人。 全国1,301市町村(R2.4現在)に協議会組織を持って 活動をすすめています。三木市いずみ会もその1つです。 活動内容 食生活改善推進員で構成され、“私達の健康は私達の手で”をスローガンに、食を通した健康....
    もっと見る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景