三木市のイベント情報

7/9 みっきぃ子午線フェスタ2022「子午線講演会」(みき歴史資料館)

■みっきぃ子午線フェスタ2022「子午線講演会」■

子午線文化研究家 吉野博士による講演会

開催日 : 7月9日(土曜日) 10時開場/10時30分開演

 演題 「魅力あふれる三木市の子午線標識」 

■ 会場 : みき歴史資料館(三木市上の丸町4-5)

■ 料金 : 無料

■ 定員 : 先着40名 ※要電話申込

■ 申込先 : 三木市 観光振興課  Tel0794-82-2000(内線2514)

■ 内容

東経135度日本標準時子午線が通るまちと言えば明石市ばかりが有名ですが、現在の三木市には明石市の4倍の長さの東経135度子午線が通っています。 三木の先人たちは自分たちの故郷に日本の時刻の標準時子午線が通過していることを知り古くは美嚢郡の時代から子午線が通過していることを示す標識を建ててきました。

どれもユニークで、三木をこよなく愛した先人の熱い思いが込められた標識ばかりです。この講習会では三木市内に建つ8つの子午線標識の魅力やトリビアを紹介します。

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景