三木を元気にするグループ・団体

三木スケートボード協会

スケートボード協会

 

三木市出身ソチオリンピック・スロープスタイル日本代表(8位入賞)の角野友基選手も小学生時代に利用していた『三木パイプスケートパーク』の管理者が『三木スケートボード協会』です。

『三木スケートボード協会』は、スポーツ促進や、他府県からたくさんの人が来ることでの地域活性化、またトップ選手の輩出などを目的として設立した団体で、イベントやスクールを開催するほか利用者のマナーの向上活動の呼びかけや清掃活動パークの遊具製作や点検とメンテナンスの促進を行っています。

管理している『三木パイプスケートパーク』(三木市上の丸町)は、今春オープンから10年を迎えるスケートボードを無料で楽しめる施設。広さは約1800平方メートル。初心者から上級者までがスケボーやインラインスケートを楽しむことが出来る。

同パークには市外はもちろん、県外からも安全な環境や、独特な形状のコースを求めて人が集まるスケート界では有名な施設です。

■代表 池上 英輝

  • 一覧へ戻る

イベント・観光・人気店など、三木市のニュースを発信!

『This is MIKI』とは、三木が大好きだ というひとたちの思いをThis is MIKIと いうファンクラブに集め、総合力で、三木の活性化 を図ろうと考えています。
ロゴである天高く人差し指を突き上げるポーズは『一番』、 すなわち『これぞ(This is)』を表すとともに、共感者 を募る『この指とまれ』を表します。

三木市の風景